過去記事ランダム

2016年12月9日金曜日

網葉きよらブログ投稿小説 人気ランキング 第6回


ブログ投稿小説 人気ランキング 第6回







前回が9月末更新ですから、約二か月ぶりの小説ランキング。


なお、表示しているPV数は凡その数字となり、「各話のトップ数」を抜き出したものとなります。
ご了承下さい。


また、記事中の画像をクリックして頂くと各小説に飛びますので、よろしくお願い致します。






第10位
PV数 500

「裏庭の、とある神社の裏側で。(序盤公開 第2部)」



「第2部」へ移動


2016年12月8日木曜日

日本独立作家同盟さんが面白い企画を!


日本独立作家同盟さんが面白い企画を!


「INTERNET WATCH」さまの記事へ





一部引用


 NPO法人日本独立作家同盟は29日、編集者と作家がタッグを組み、2日間で短編小説を電子書籍として販売可能なEPUBの形にまで仕上げる小説創作イベント「NovelJam」を2017年2月4日・5日に開催することを発表した。参加費は8000円(税込)。

 定員は作家が20名、編集者が10名で、2日間の期間中に1人の編集者が2名の作家を担当する。
 編集者は、商業出版や文芸編集かどうかは問われないが、何らかの経験が必須となる。応募者が多数の場合は、事務局にて選考を実施し、作家と編集者の組み合わせも事務局がカップリングを行う。
 参加申し込みは、NovelJamのウェブサイトから受け付けている。また、協賛企業も募集している。


2016年12月6日火曜日

恐怖の根幹


恐怖の根幹







恐怖の根源とはいったいどのようなもので、どこから発生するのか。





例えばホラー映画。


この場合ですと、恐怖が視覚化されることで恐れを客に与えるということとなり、
ホラー小説であれば、想像力を使わせることで恐れを発生させ、
あるいはゲームであれば、没頭させる一体感を以て恐怖を与える、と。


このように、エンタメや各種道具がさまざま発展してきた現代においては、恐怖もまた一つのエンタメや道具として機能致します。



2016年12月2日金曜日

網葉きよら小説「発疹」 完全無料です!


網葉きよら小説「発疹」 完全無料です!








なんかあれですね、BiB/i」さんの調子がおかしいのか、右枠にある立ち読みコーナーが読めなくなってます


DROPBOXにepub入れてたんですが、どうもそれが読み込めなくなっている様子。


あれこれと試行錯誤するも撃沈。
ってことで、とりあえず放置するしかないか……。


ただ、「EPUB on Twitter」さんのサイトにて、そちらへアップロードすればブログ記事のepubは読めるもよう。


よって、「EPUB on Twitter」さんを利用させて頂くことに。
それでも右枠の立ち読みコーナーだけはどう足掻いてもダメでした。


しかも、BLOGGERだとブログにファイルアップロードが出来ない仕様のようで、なんともかんともって感じです。



2016年12月1日木曜日

「BOOK WALKER」さまにて、電子書籍セール開催のようですよ。


「BOOK WALKER」さまにて、電子書籍セール開催のようですよ。



「BOOK WALKER」さま特設サイトへ





一部引用


 2016年12月3日に6周年を迎えるのを記念して、期間中、対象出版社作品、レーベル作品もしくは各出版社の厳選人気作品が日替わりで最大50%OFFまたはコイン最大20倍になります。
 同時開催のコイン最大50倍キャンペーン、日替わりリレーフェア参加の出版社(41社)で買いまわると最大+10倍分のコインと合わせると、なんとコインは実質最大80倍に!



2016年11月27日日曜日

田中せいやさんの新作小説 「いんぐりっちゅ10(世にも奇妙な物語る)」 発売中!


田中せいやさんの新作小説
「いんぐりっちゅ10(世にも奇妙な物語る)」 発売中!



「BCCKS」内、該当ブースへ

BCCKSでは配本先リンクも




目次抜粋



1E.The train/1J.電車

2E.Tissues/2J.ティッシュ

3E.Vanished machines/3J.きえたマシーン

4E.A diet pill/4J.ヤセ薬

5E.A memory of hermit crabs/5J.ヤドカリのおもいで

6E.A man with restless eyes/6J.ぐるぐる男

7E.Yukio's days/7J.ユキオくんの日常

8E.My day/8J.自分の日

9E.Bun-eating race/9J.パン喰い競争


10E.From the veranda/10J.ベランダから



2016年11月26日土曜日

急転直下な物語展開


急転直下な物語展開









タイトルのとおりなんですが、
最近、急転直下(急激な変化からの結論)する物語が書きたいとの欲望が。


なもんで、
新たな小説や、今までに書いた小説の急転直下バージョンを追記している始末。


がしかしですよ。
ただただブン回せば良いってものでもないみたいで、
かといって理論だってあーだこーだとこねくり回したところが逆に意味不明となってしまったりと、これが意外と難しい