過去記事ランダム

2014年3月30日日曜日

小説と網葉きよらの関係性について(最終回)



 最終回となります「小説と網葉きよらの関係性」は、社会人時代に出会った小説の紹介です。




※過去記事一覧
第1回
第2回
第3回
第4回
第5回
第6回
最終回



本題に入りますが、
遅ればせながら太宰治さんの登場です。



学生時代の教科書やテストにちらっと登場はされていたのですが、本格的に読んだのは社会人になってからです。


太宰さんのすべての作品に目を通した訳ではありませんが、とにかく目に付いた本は購入しておりました。



極貧における食事風景24




 ザラメ記事ではなく「油分摂取」についてです。



「極貧における食事風景」第1回は、こちらの記事になります。


また、「極貧」タグで一覧が表示されますので、併せてお願いします。





さて、表題の「油分摂取」ですが、こちらも重要な栄養素になります。


いつかの遭難事件を思い出しますと、「焼き肉のタレ」だけで数日間空腹を満たした方がおられました。


この有用な焼き肉のタレにも、油分(香味油やごま油)が入っております。







2014年3月28日金曜日

「YOUNG YAKUZA」 映画のお話です。





 映画 「YOUNG YAKUZA」


2008年フランス製作の映画になります。

日本ではあまり有名じゃない映画、といいますか、DVDすら出ていない作品です。

簡単に内容を述べますと、
ジャンルとしてはドキュメンタリー映画になるのですが、
その対象が異色でして、
「日本の暴力団」を内側から撮った作品
になります。



2014年3月26日水曜日

短編立ち読みコーナーを変更致しました。




 「網葉きよら短編丸々1本立ち読みコーナー」を、
 別の小説に切り替えました。



端編集1に収録しております「コキョウ」から、


「ほんの些細なスイング」に変更です!



「端編集1」の簡単なあらすじは、こちらを閲覧下さい。


 期間限定となりますので、
 お早めにご一読お願い致します。

※推奨ブラウザは、「Chrome」「Safari」です。



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村

「月刊群雛4月号」販売開始です!






 日本独立作家同盟様主催の月刊誌、
月刊群雛(Gunsu)4月号遂に発売となりました!


まずはBCCKS様での販売で、
こちらはオンデマンド本(紙本)も取り扱っておられます。



「電子書籍はちょっとなあ」と思いの方でも、大変お求めやすくなっておりますので、この機会に是非どうぞ!


また、日本独立作家同盟様のご尽力により、販売サイトが徐々に広がってまいります。

主催の日本独立作家同盟様
皆様のニーズに合ったサイトで、ダウンロード頂けたら幸いです。


2014年3月24日月曜日

極貧における食事風景23


 ザラメ特集パート3
 「困窮時におけるザラメレシピ」について。



「ザラメのレシピ? クックパッド見ればいいじゃん。というか、ググれば一発だし」
確かにそうだと思いますし、私も同じ行動を取ります。






しかし、極貧状態における料理の範囲、というやつは、とにかく狭い、そして圧縮されてしまうもので、ググって出てくるザラメ料理は現実的にご利用出来ないものばかりです。



小説と網葉きよらの関係性について6


 大学時代に出会った小説紹介パート2になります。


早速本題に入りますが、
安部公房」さんの本には、大変お世話になりました。



分かりやすいお話から難解なストーリーまで、あらゆる手段、物語を惜しみなく発揮されており、
その上で、読者の実生活にまで影響を与えそうな、そんな著書ばかりで、勿論私も「安部公房」さんに強く剔られた1人でもあります。

例を挙げさせて頂けば、


2014年3月21日金曜日

電子書籍「月刊群雛4月号」の表紙が決まりました!





 日本独立作家同盟様が主催されております月刊誌、
「月刊群雛(GunSu)4月号」表紙が確定されました!


こちらは、絵師の「Nyara」様による、
春の到来を思わせる素晴らしい表紙絵となっております。

Nyara様Google+

「4月号」に私は参加させて頂いておりませんが、
この月刊電子書籍は、様々なインディー作家さんが集結し、心身を削った作品を掲載している、新しい月刊誌になります。


主催の日本独立作家同盟様

にしても、毎号毎号綺麗で惹きつけられる表紙ですよね。
私達物書きの方も、表紙に負けないような作品を作り上げないと、それこそ「名前負け」状態になってしまいます。


極貧における食事風景22


 貧困状態における糖分摂取」続きになります。



前記事の通り、ザラメは素晴らしい活躍をしてくれます。


特に、「糖分摂取」においては堅実確実な能力を発揮し、かつ保存も効く、有用な商品の1つにあたります。



しかし、欠点も存在する事は否めません。



2014年3月19日水曜日

極貧における食事風景21


 前回はカルシウムに関する情報でしたが、
 この度は「糖分の摂取」についてです



「糖分」いいですよね。


ドーナツアイスクリームシュークリーム和菓子と、
枚挙に暇がない程存在します。





また、「糖分」においては、心身を維持する上で非常に重要な要素の1つでもあります。


しかし、極貧状態に陥ってしまえば、その「糖分」が、自分の手の届かない天上界のどこかに隠されてしまっている状態、となってしまうのです。




小説と網葉きよらの関係性について5


 高校時代を経て、次は「大学時代にお世話になった本」の紹 介です。



さすがにこの辺りまで来ると、新書を読む機会の方が多くなっていたのですが、小説の方もぼちぼち読んでおりました。


そんな中、ダラダラとした大学生活を送る私にとって、手放せない本が現れたのです。





2014年3月17日月曜日

極貧における食事風景20


 極貧スローな状態におけるカルシウムの摂取方法パート2になります。







といっても、前述の通り、カルシウムに関しては無知の部類にあたります。


ですから、また別の先輩のお話になります。

この前は「貝殻おじさん」「味噌おじさん」についてでしたが、
今回は、「缶詰おじさん」に関する記事です。




小説と網葉きよらの関係性について4


 第3回は「フランツ・カフカ」さんの本でしたが、今回も高校時代に出会った小説、続きになります。





こちらも高校2年の時でしたが、とある日の給食時間、
HeavyMetal仲間の1人が、私に本を薦めてくれました。



それが、
夢野久作さんの「ドグラ・マグラ」だったのです。





2014年3月15日土曜日

電子書籍販売サイト「Book Live!」様による、半額値引きクーポン配布のお知らせ。

現在、電子書籍ストアで著名な、
Book Live!様が、

電子書籍半額値引きクーポン
を配布されております!



こちらのクーポンは、「Book Live!」様の「会員100万人突破記念」として配布されており、
1人1回限り(いっぺんに200冊まで購入可能)のご利用で、
全作品を半額購入出来る内容となっております。


2014年3月13日木曜日

小説と網葉きよらの関係性について3


 中学生時代に出会った「三島由紀夫さんの本」から、
今度は「高校時代」に読み耽った本をご紹介致します。




高校の時は、ある部活動を熱心(自分なり)に取り組み、何かしらの意義を持って生活していましたが、
そこへ来て「ある本」が、私の元に訪れてくれたのです。







極貧における食事風景19


 第18回の記事では「口内の渇き」について記載しましたが、今回は「カルシウム摂取」に関する情報です。






カルシウムは、人体にとってかなり重要な栄養素になります。

人間に必須な細胞小器官「ミトコンドリア」もカルシウムを貯蔵、調整してくれますし、骨や歯の形成にはかかせない元素でもあります。




こと困窮時においては、さらに重要性を帯びて来るのです。


2014年3月11日火曜日

網葉きよら「中編1」についての追加紹介です。




 先月に無料キャンペーンを行った網葉きよらの中編作品、
における、追加のご紹介です。



大方のあらすじは、過去記事を閲覧頂くとしまして、ここでは作者自身の簡単な解説をさせて頂きます。



極貧における食事風景18


 前回からの続きで、「口内の渇き」についてです。








「乾燥」という振る舞いは、人体において様々な影響を与えます。


例えば、
「肌が乾燥する」
「喉が渇く」
「頭皮が乾燥」
「口内が乾く」


言葉のアヤとしても、「乾燥肌」「無味乾燥」(これくらいしか思い浮かびませんでした)
単語であればさらに多くの「乾燥」が目に飛び込んでくるハズです。

しかし、この中で最も不快に感じるのは、「口内の渇き」です。



2014年3月9日日曜日

電子書籍作成方法(詳細編)4





 「Kindle Direct Publishing」への出版手続き方法」になります。






早速本題に入りますが、 KDPへの登録が終わりましたら、いよいよ自作本のアップ作業に入ります。
(画像が多いので留意下さい)



2014年3月7日金曜日

「月刊群雛3月号」に新たな配信ストアが!





 私も参加しております、
月刊群雛(GunSu)3月号」に、新たな配信ストアが加わりました!



現在、「月刊群雛」を主催されておられます「日本独立作家同盟」様のご尽力により、どんどん広がっています。

配信ストア一覧は、こちらの記事に掲載されております。
様々なご購入手段がございますので、この機会に是非どうぞ!




また、「月刊群雛3月号」に関する記事も併せて閲覧頂けると幸いです。




そしてそして、
日本独立作家同盟」様では、
「月刊群雛4月号」掲載小説募集されております(すでに締め切られてます)。

日本独立作家同盟ロゴマーク40×40背景白
日本独立作家同盟

Google+をお持ちで出版にご興味のある方は、本家様のレギュレーションをご覧下さい。




私自身、3月号に参加して、とても有意義な経験をさせて頂きました。
なにより、Googleドライブを利用した、「リアルタイム」編集作業には、可能性なるものを感じました。




これは、月刊群雛に掲載する小説を、様々な編集員様がリアルタイムで編集され、自分自身もそこへ参加、一緒に誤字や脱字などを検証していくシステムになります。





このシステムは素晴らしく、自宅にいながら別の方に編集をして頂けるもので、私のような半引きこもりにとっては、夢のような場所でもありました。

それに、編集をして頂く方々も熱心に取り組んでおられますので、まず間違いなく「美しい小説」として仕上がります。

その上、出来上がった自分の小説が紙本にもなりますので、充足感にのたうち回ったあげく、多幸感すら味わえるという、本当に素敵なシステムです。



勿論、本が売れるにこしたことはないのですが、色々な方々と出会い、多方面に渡る経験も出来ますので、参加して損をする事などなにもございません


まだご参加されていない方がおられましたら、「真新しい1歩」を踏み出してみてはいかがでしょうか。






人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

小説と網葉きよらの関係性について2


 前回は「蝿の王」との出会いでしたが、今回は中学生時代のお話です。



中学生といえば、「厨二病」などと揶揄される多感な時期を含み、その上で性の発展が著しい時でもあります。


そんな中、まさに「厨二病」と呼ばれる中学2年生の私に、ある本が降臨しました。






2014年3月5日水曜日

小説と網葉きよらの関係性について


 小説と網葉きよらの関係性について



小説的な閑話休題(話を本題に戻す時に使用する言葉のようで、最近になってやっと意味違いに気付きました)になります。


小説に関する私自身のお話になりますので、極貧系記事をお好みの方は飛ばして下さい。





※記事一覧
第1回
第2回
第3回
第4回
第5回
第6回
最終回




極貧におけるの食事風景17


 劣悪状況における口内の変化」続きになります。





虫歯進行速度の件ですが、やはり人によって差異がございます。

ですから、一概に「これが正しい」という結論はなく、あるのは歯茎の劣化と渇きのみです。