過去記事ランダム

2014年5月14日水曜日

網葉きよら作品「○のち晴れ、時々 Merry-go-round」について。


 初の長編小説にあたります「○のち晴れ、時々 Merry-go-round」の紹介。



詳しいあらすじや概要は、こちらこちらの記事を閲覧頂くとしまして、今回はより詳しいところまでご紹介したいと思います。




まず序盤ですが、だらけてしまいそうな展開に一工夫入れ、

「は?」
「え?」
「なにこれ?」

といった具合に仕上げ、そこから急展開を入れ込んでいます。


中盤からは「仲間」という単語がテーマとなりますが、それは終盤の、

「なんで?」
「ほっ?」
「へー!」

とのB級展開へと変化するようになっております。






こちらの小説は、特に影響を受けた作品というのはないのですが、強いて言えば、
パゾリーニ監督作品の「大きな鳥と小さな鳥」にあります。


ピエル・パオロ・パゾリーニ監督

ただ、これに関して多くを語りますと、双方の作品に支障が生じてしまいますので、こちらには記しません。
だからといって、「パゾリーニ作品に似ている。これは模倣だ」といった小説ではなく、あくまで「網葉きよら」風にはなっておりますので、ご安心下さい。




また、難儀な展開や単語は極力避け、よりエンターテイメントに徹しようとした作品で、自分の中では(ラノベ除く)万人受けするタイプの長編だとは思っております。

ですから、他の「端編集1」や「中編集1」といった難解な小説ではなく、より多くの人に読んで欲しい作品で、また、老若男女様々な方に向けた小説になります。






個人的に気に入っているシーンをあげますと、
主人公のおっさんが見せ物小屋風の口上を述べているシーンです。

私自身、子供の頃、見せ物小屋へよく入り浸っていました。
夏祭りの際、必ずと言っていいほどの確率でお化け屋敷の隣に見せ物小屋が存在していました。
私などは、大きく派手な看板のお化け屋敷より、こぢんまりとしてはいるけど、ある種異様な雰囲気を醸し出していた見せ物小屋の方へ吸着させられておりました。



ですから、小屋の前に立っている口上人(お客さんを入れ込む為の客引き)さんの口上を全文覚えてしまう程で、
友人からも、

「お前、それってどうなん?」

と、顔を引き攣らせながら言われるくらいでした。





とまあ、個人の話はこれくらいにしまして、
長編小説の詳しいあらすじは、










を閲覧頂ければと思います。





そして、私が作品について多くを語るのは、
端編集1」
中編集1」
○のち晴れ、時々 Merry-go-round
のみとさせて頂きますので、ご了承下さい。

今後発表する作品につきましては、概要のみで留めさせて頂きます。
作者が多弁ですと、作品の良さが薄れてしまうような気がしますので。


表紙の失敗例

それでは、○のち晴れ、時々 Merry-go-roundをご一読頂けるよう願いつつ、紹介記事の締めとさせて頂きます。






人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿