過去記事ランダム

2014年9月30日火曜日

電子書籍「月刊群雛(Gunsu)10月号」が販売開始となりました!


電子書籍「月刊群雛(Gunsu)10月号」遂に発売です!





日本独立作家同盟」様主催の月刊誌「群雛10月号」が、遂に発売となりました!


10月号表紙は、「伊富魚子」様による、秋の到来を思わせる美しい表紙絵となっております!



伊富魚子さまのGoogle+へ


こちらの「群雛シリーズ」は、中身も勿論素晴らしく、
多彩な作家さまが色とりどりな作品を発表されている、ンディーならではの月刊誌となります。


「日本独立作家同盟」様サイト 刊行リストへジャンプ


2014年9月29日月曜日

網葉きよらブログ「人気記事ランキング」第2回


網葉きよらブログ記事 累計ランキング 第2回






今まで掲載した220記事の中で、上位の10記事をこちらで発表させて頂きます。


6月初頭に掲載した「第1回 人気ランキング記事」はこちらからどうぞ-。


なお、凡その数字を掲載致しますので、ご了承下さい。





第10位

「極貧における食事風景 46」
<340PV>














2014年9月27日土曜日

製作が決定された「リメイク&続編映画」 ちょっとしたまとめ


製作が決定された「リメイク&続編映画」 ちょっとしたまとめ


気になったので、自分用にとまとめてみました。




マッドマックス



「映画com」様の記事へ



ラストサマー



「クランクイン」様の記事

2014年9月26日金曜日

極貧における食事風景62


ビルと公園の狭間で揺れる恋心 その4






ストア派とエピクロス派の狭間で揺れる恋心。


後期ギリシア思想を代表する、「ストア派」と「エピクロス派」の哲学。


古代ギリシア時代において、これら2つの思想はお互いぶつかり合っていました。


そしてこの2つの哲学は、現代に至っても影響を如実に与え続けており、みなさんのすぐ横にも存在する思想です。


よく目にするビル群、そして憩いの場である公園


これら2つは、まさに「ストア派」「エピクロス派」と表現しても差し支えはございません。



2014年9月25日木曜日

「田中せいや」さんの新作小説「介護三昧」が発売されました!


「田中せいや」さんの新作小説「介護三昧」が販売開始です!





田中せいやさんの新しい電子書籍




販売開始となりました!



現在は「BCCKS」様での取り扱いとなりますが、今後は「楽天kobo」様での発売も視野に入れられております。

※追記
楽天kobo様にてお取り扱い開始です!



BCCKS「介護三昧」へ



楽天kobo「介護三昧」へ


今作「介護三昧」も、様々なショートショートがギッシリ詰まっております。

タイトルを一部引用させて頂くと、
まほうびん

毛糸

おむかえ

形見

余慶

犬も食わないもの

セミとアリ

風見鶏

等々、どこか身近でありながらも気になるタイトルがずらりと並んでおります。


また、計6万8千字もの小説ですので、決して使い捨ての電子書籍などではなく、何度も何度も読みかえせる作品です(毒にも薬にもなりますので、ご注意下さい)。


さらには、「小休止の川柳」「付録(覚え書き)」まで入っており、飽きる事なく楽しめる仕様にもなっています。



2014年9月23日火曜日

「プリズン・フリーク」 映画のお話です。


「プリズン・フリーク」 映画のお話です。







2006年ハリウッド産、刑務所コメディ映画。
原題は「LET'S GO TO PRISON」





監督



















出演









<映画 プリズン・フリーク 予告編>




2014年9月22日月曜日

短編小説立ち読みコーナー変更のお知らせ。


短編小説立ち読みコーナー変更のお知らせ。




ブログ右枠にある「網葉きよら短編小説丸々1本立ち読みコーナー」を変更致しました。


端編集1」に収録されております「ほんの些細なスイング」から、
「春を思う期節」に変更完了です。


※推奨ブラウザは、「Chrome,Safari」となります。




こちらの小説に関する詳しい情報は、私のブログ記事を閲覧下さい。


該当記事へジャンプ


また、Android,iPhoneから閲覧されている方は、
「ウェブバージョンを表示」からご一読下さい。


さらに、各種ニュース気になる話題は、Google+」の方に随時掲載しておりますので、どうぞよろしくお願い致します。


なお、「ツイッター」「フェイスブック」は扱っておりませんので、ご了承下さい(私の力量不足により)。



「網葉きよら Google+」へ移動




短編小説「春を思う期節」は、
ただいま絶賛発売中の「端編集1」に収録されております。


端編集1」は、100円にて販売しておりますので、ご購入頂けると大変ありがたいです!


AMAZON 「端編集1」へ


AMAZON電子書籍無料アプリはこちら



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村

2014年9月21日日曜日

極貧における食事風景61


ビルと公園の狭間で揺れる恋心 その3






「コンクリと自然」について


アメリカにおける白人中産階級、あるいは上流階級の方々は、都市郊外にまとまって住んでいると言われています。


その方達は、周りを塀で囲み、異分子が入らないよう警備員まで配置し、その上で、近所付き合いだけを特に大事にしているそうです。


これと似て非なる方達もまた、ここに存在します。


それは、ホームレスの方々です。


ホームレスという人間は、一見すると、大きなビル群に囲まれながらも、公園という公共施設に自分達だけの世界を築きあげ、さらに、己だけの思考領域を構築しているように映ります。


しかし、実情はそうではありません。


自分達だけの世界というよりは、「単に世間から隔離されただけ」であり、「枠組みからはみ出してしまった」だけなのです。


ここにおいて、
歪み、捻れた、異質な、独特の、そして特異な状況が垣間見れるのです。



2014年9月19日金曜日

新書紹介「ユングとオカルト」秋山 さと子


新書紹介「ユングとオカルト」秋山 さと子




こちらの新書は、初版が昭和62年となり、私が所有している本も初版になります。





著者


秋山 さと子

1923年東京に生まれる。
文化学院、駒沢大学仏教学部を経て、ユング研究所に所属する。
著書に「さとりの分析」「ユングの心理学」「聖なる次元」などがある。




2014年9月18日木曜日

電子書籍サイト「メディバン」様が「創作マンガコンテスト」を開催!


電子書籍サイト「メディバン」様による、「創作マンガコンテスト」が開催中です!






現在、「メディバン」様による「創作マンガコンテスト」が開催されています。


コンテストの期間は2014年9月28日までとなり、特賞にはなんと「30万円」が贈られるそうです。


腕に自信のある方は、この機会に応募されてみてはいかがでしょうか。


第3回創作マンガコンテスト概要へ



2014年9月17日水曜日

極貧における食事風景60


ビルと公園の狭間で揺れる淡い恋心(その2)






世の中、格差なるものはさまざまございます。


より身近な例としては、「テレビ」が当てはまるのではないでしょうか。


古今、テレビにおいては、以下のような事象が顕著にみられます。


セレブと呼ばれる派手やかな女性が絢爛たる口述を魅せ、パリッとしたスーツに身を包んだ俳優さんも煌びやかな歯を魅せる。
また、瑞々しいアイドル達が幻想的な服をひらひらさせ、著名な解説者が持論と共にスーツの袖を大きく振りかざしている。
そして、チカチカ光る薄い箱の中では、パステルカラーが現れては消え、消えては現れる。


では、自分の方はどうだ?


部屋を見れば四畳半。くたびれたスーツに発泡酒の空き缶が数個、出し忘れた愚鈍なゴミ袋に蛍光灯焼けした薄黄色の壁紙。
さらには、舞い散る埃の陰影をテレビの薄い光が如実に照らし出し、それに恥ずかしげもなく埋没してしまっている自分自身が、現実(ここ)にある。





2014年9月15日月曜日

あっ、休憩!


今回の休憩記事は「比較的珍しいヘヴィメタルジャンル+α」の紹介です。


画像は「Diablo Swing Orchestra」のメンバー


毎月恒例となっていますが、こちらの休憩記事は、私好みのバンドなりなりを半ば強引に記事へおこす、という大変身勝手なものとなっております。


という事で一応注意ですが、「メタルが嫌いで嫌いで、メタルを聞いたら死んでしまう」という方は、
どうぞご自由に、ご自身の望む方法でお願い致します。




さて今回は、「比較的珍しいヘヴィメタルジャンル+αという事で、主にクロスオーバー的なバンドを紹介させて頂きます。



2014年9月14日日曜日

網葉きよらの「短編」「中編」「長編」小説、絶賛発売中です!


「短編」「中編」「長編」小説、絶賛発売中です!


 


短編集

端編集1










すべて100円にてご購入頂け、
販売サイトも3種類ございます。








各電子書籍アプリは、


こちらにて無料インストール可能です。
お気軽にご利用下さい。




また、各小説の概要や簡単な解説は、


に用意しております。

併せて閲覧頂けると幸いです。


さらに、このブログ右枠には「網葉きよら短編丸々立ち読みコーナー」もございますので、お気軽にご一読下さい!



右枠にございます再生ボタンを押して下さい





人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村

2014年9月13日土曜日

ニュース「タブレットの売り上げが横ばいへ」について


ニュース「タブレットの売り上げが横ばいへ」について


「TechCrunch」様の記事へ



TechCrunch」様から一部引用



IDCによると、北米とヨーロッパ市場におけるタブレットの今年の売上は横ばいになるという。同社の前の予測では、“本年第二四半期で需要は期待はずれの軟調”、となっていた。
IDCの分類ではタブレットとツーインワン機を合わせて全世界の成長率はわずかに6.5%となっている。2014年の売上予測は、両タイプ合わせて約2億3300万台である。 
上記から、いろんなことが言える: タブレットの売上はこれからも当分、PCに追いつかない。PCの年間売上は3億台代で安定しているから、今の2億台代の、しかも成長が横ばいになりつつあるタブレットが簡単に追いつけるものではない。



2014年9月11日木曜日

「God Bless America」 映画のお話です。


「God Bless America」 映画のお話です。





2012年公開のハリウッド産「復讐ロードムービー」



監督

ボブキャット・ゴールドスウェイト

















出演

ジョエル・マーレイ

タラ・リン・バー

ラリー・ミラー 他




<映画 「God Bless America」 予告編>





2014年9月10日水曜日

極貧における食事風景59


ビルと公園の狭間で揺れる淡い恋心(その1)




※前回のシリーズ「非常時にオススメな食品」は、こちらになります。






さて、全5回に渡ってお送りするこちらの「ビルと公園の狭間で揺れる淡い恋心」編ですが、残念ながら恋心といっても恋愛話ではありません。


ある意味恋愛と似ている部分もございますが、基本的には、「相対する出来事の間に挟まれてしまった場合」からの脱却を記事にしております。


記事中には厳しい言葉もあるかと思いますが、あらゆる事象を取り上げつつ、出来るだけ簡潔な記事を目指していきますので、どうぞよろしくお願い致します。



2014年9月9日火曜日

「田中せいや」さんの新作電子書籍が発売されました!


インディー作家田中せいや」さんの電子書籍が販売開始となりました!


今回は、2作同時の発売です!
















両著は、BCCKS様にて取り扱っておられます!



BCCKS「闇だらけ」へ


BCCKS「みじかい鼻血」へ



今作の「闇だらけ」「みじかい鼻血」は、鋭利な部分とほんわかした柔らかい部分が同時に描かれているそうです。

また、両著には、ショートショート120作以上が収録されており、「いつ」「どこで」「どこから」読んでも楽しめる作品になっております。





2014年9月7日日曜日

ご好評につき延長戦!「○のち晴れ、時々 Merry-go-round」序盤公開(第6回)


長編小説「○のち晴れ、時々 Merry-go-round」序盤公開(延長戦の第6回)




こちらの○のち晴れ、時々 Merry-go-round 序盤公開シリーズ」は、当初計5回で終わるつもりだったんですが、
右枠の「月間投稿人気ランキング」を見てもお分かり頂けるように、現在、映画記事を押さえて堂々のトップを走っております。


閲覧頂いた皆様、大変ありがとうございます。


そして、感謝の気持ちもこめて、
小説の続き1回分約2500字を、延長という形にて無料掲載させて頂きます。


乱文で恐縮ですが、今後とも「網葉きよら」をご贔屓にして頂ければ幸いです。


それでは、ごゆっくりどうぞ。

の前に、小説前回分(第5回)はこちらになります。また、記事一覧の方もご利用下さい。




記事一覧


第1回
第2回
第3回
第4回
第5回



2014年9月6日土曜日

「○のち晴れ、時々 Merry-go-round」序盤公開(第5回)


「○のち晴れ、時々 Merry-go-round」序盤公開(第5回)






記事一覧


第1回
第2回
第3回
第4回
第5回
第6回
第7回
第8回
第9回
第10回




○のち晴れ、時々 Merry-go-round」 第5回


「それこそ、家の中の普段見ないような空間や壁、そんなとこを隈無(くまな)く探していた。昨日は風呂場の壁部分、今日は台所のあの部分。明日は和室の角付近。ってな感じで毎日毎日あいつらを探してた。
 で、俺が二十九の時、オカンが死んだよ。心労でね。親父は俺が若い時に死んでたから、実家のアパート追い出されたのが運の尽き。そっからは、建築のような仕事をして、別のアパートで暮らす事になった。そして、三十歳の夏……だ」

「そう、いつも夏……だ」




2014年9月5日金曜日

「○のち晴れ、時々 Merry-go-round」序盤公開(第4回)


「○のち晴れ、時々 Merry-go-round」序盤公開(第4回)






記事一覧


第1回
第2回
第3回
第4回
第5回
第6回
第7回
第8回
第9回
第10回



○のち晴れ、時々 Merry-go-round」 第4回


「なあ、黒い兄ちゃん。タバコ持ってないか?」

「いやすんません、吸わないもんで。持ってないです」

「そうか、まあいいやな」


 そういうと、彼は汚らしい上着のポケットから、しなびたタバコを取り出し火をつけた。タバコは嫌いだ。煙が纏(まと)わり付いて鬱陶(うっとう)しい。





2014年9月3日水曜日

「○のち晴れ、時々 Merry-go-round」序盤公開(第3回)


「○のち晴れ、時々 Merry-go-round」序盤公開(第3回)





記事一覧


第1回
第2回
第3回
第4回
第5回
第6回
第7回
第8回
第9回
第10回



○のち晴れ、時々 Merry-go-round」 第3回


「それで、その日は仕事したんですか?」

「ああ、したさ。けどな、小指の場所を庇(かば)いながらの作業だったからよ、成果はあまり上げられなかったよ。親方にもよく怒られた。それでな、親方に怒られれば怒られるほど、理不尽な感情が湧いたんだ」

「俺はケガしてんだよ! なのに何故労ってくれない! 何故怒る! ってね」

「それが表に出ちまったんだろう。さらに怒られて、その日はしょぼくれて家に帰ったよ。家に帰っても、指がねーんでやんの。我ながら愕然(がくぜん)としたね。けどな、人間ってやつは恐ろしい。慣れってもんがあるからな。指が一本くらいなくても慣れるんだよ。恐ろしい事に……」