過去記事ランダム

2015年10月31日土曜日

さよなら人類。


さよなら人類について



ブログ記事書きながら、懐メロでも聴こうとCDをPCにセットしたんですが、ある瞬間、思わず手が止まってしまいました。


というのも、その時かかっていた、「たま」というバンドの「さよなら人類」という曲が、どうにも引っ掛かったのです。


その引っ掛かったというのも、曲がどうのこうのというわけでもなく、
また、「すげえ唄だ」などという簡単な気持ちでもなく、
なんというか違和感
そう、違和感だったんです。


で、俺は何が引っ掛かってんだ?
と思っていたところ、どうやら「歌詞」にモヤっとしたものがあるということに気付きました。




<たま さよなら人類>


2015年10月30日金曜日

プロの編集者さんに言われたこと


以前、プロの編集者さんに言われたこと




今日は軽い文体ッス。



以前というか大昔、俺が不得手な「ラノベ」を書いて、某所のコンテストに送ったんですよ、真面目に。


そしたらですね、なんと3次選考まで残っちゃいました。


けどそれで終わり。


で、俺もそれ以降ラノベは書かなくなった、と。



まあ、それはそれでいいんですけど、その時、編集者さんにこう言われたんです(メールにて)。


2015年10月29日木曜日

紙から電子書籍へ


紙から電子書籍へ




楽天リサーチさまが、ネットアンケートされたようです。


「ECのミカタ」さまの記事へ



一部引用


楽天リサーチ株式会社(以下「楽天リサーチ」)は、読書の秋にちなみ「電子書籍に関する調査」をインターネットで実施した。調査期間は、10月2日から4日の3日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代~60代の男女1,000人を対象に行った。

調査結果は、直近1年間で約8割が「紙の本を読んだ」と回答した(79.0%=紙のみ:57.2%、紙も電子も:21.8%)。一方、電子書籍を読んだ人は24.2%(電子のみ:2.4%、紙も電子も21.8%)と、4人に1人が読んでいるという結果が出た。なお「読書」は、漫画と雑誌も含む。

また、直近1年間で電子書籍を読んだ人を世代別に比較すると、20~30代の平均34.0%に対し、40~60代では平均17.7%と、20代~30代の約半数になった。電子書籍を最も多く読む年代・性別は、20代女性で44.0%(電子のみ:2.0%、紙も電子も:42.0%)と、他の年代・性別とは10ポイント以上の開きが見られた。


2015年10月27日火曜日

究極の文章とはこれいかに


究極の文章?





小説にもいろいろありますよね。
短いのから長いのから純文学からラノベまで、本当にさまざまです。


私もあらゆる手法を試してみました。
で、自身は「中編」あたりが得意であり、書いていてストレスが無いな、という結論が出たんですが、まだ文章にはバラツキが発生している始末。


直さなきゃなー、とは思うのですが、これにはセンス努力が必要なもので、矯正させるのはなかなか難しいです。


また、中編だと文章にキレがないといけませんし、かといってキレすぎても意味不明で、即ごみ箱行きが関の山。


じゃあ、キレのある文章ってなんだ?

それで、究極の文章ってどんなのだ?


そういった疑問が沸々と湧いてきた次第。



2015年10月26日月曜日

取り急ぎ失礼。


所用につき、今日は一言だけ。




右か左かより、前後(生きるか死ぬか)のほうが大事じゃねえの。



以上!


それでは、また!








人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村

2015年10月25日日曜日

世の中の雰囲気やばくね?


世の中の雰囲気やばくね?(若者風に)





ってことで、
曇天の空をみるにつけ、ふと「三島由紀夫」さんの「英霊の聲」一文を思い出しました。




本文より引用



かけまくもあやにかしこき
すめらみことに伏して奏さく

今、四海必ずしも波穏やかならねど、
日の本のやまとの国は
鼓腹撃壌の世をば現じ
御仁徳の下、平和は世にみちみち
人ら泰平のゆるき微笑みに顔見交わし
利害は錯綜し、敵味方も相結び
外国の金銭は人らを走らせ
もはや戦いを欲せざる者は卑劣をも愛し、
邪まなる戦のみ陰にはびこり
夫婦朋友も信ずる能わず
いつわりの人間主義をたつきの糧となし
偽善の団欒は世をおおい
力は貶せられ 肉は蔑され、
若人らは咽喉元をしめつけられつつ
怠惰と麻薬と闘争に
かつまた望みなき小志の道へ
羊のごとく歩みを揃え、
快楽もその実を失い、信義もその力を喪い、
魂は悉く腐蝕せられ
年老いたる者は卑しき自己肯定と保全をば、
道徳の名の下に天下にひろげ
真実はおおいかくされ、真情は病み、
道ゆく人の足は希望に躍ることかつてなく
なべてに痴呆の笑いは浸潤し
魂の死は行人の額に透かし見られ、
よろこびも悲しみも須臾にして去り
清純は商われ、淫蕩は衰え、
ただ金よ金よと思いめぐらせば
人の値打は金よりも卑しくなりゆき、
世に背く者は背く者の流派に、
生かしこげの安住の宿りを営み、
世に時めく者は自己満足の
いぎたなき鼻孔をふくらませ、
ふたたび衰えたる美は天下を風靡し
陋劣なる真実のみ真実と呼ばれ、
車は繁殖し、愚かしき速度は魂を寸断し、
大ビルは建てども大義は崩壊し
その窓々は欲求不満の螢光燈に輝き渡り、
朝な朝な昇る日はスモッグに曇り
感情は鈍磨し、鋭角は磨滅し、
烈しきもの、雄々しき魂は地を払う。
血潮はことごとく汚れて平和に澱み
ほとばしる清き血潮は涸れ果てぬ。
天翔けるものは翼を折られ
不朽の栄光をば白蟻どもは嘲笑う。
かかる日に、
などてすめろぎは人間となりたまいし
などてすめろぎは人間となりたまいし
などてすめろぎは人間となりたまいし





<英霊の聲 動画版 1分50秒あたりからどうぞ>



2015年10月23日金曜日

アマゾンKindleとドイツ市場


アマゾンKindleとドイツ市場





朝日新聞さまにて、気になるニュースが。



「朝日新聞」さまの記事へ




一部引用


 日本の電子書籍市場は、参入ストアが100を超える乱立状態で、多くの会社は赤字が続いている。 
 一方、ドイツでは、書店大手4社が合同で立ち上げた電子書籍ブランド「tolino(トリノ)」が、サービス開始から1年余りでアマゾンの「キンドル」のシェアを抜いた。
 共通ブランドの導入は日本でも可能なのか。ドイツの“成功例”に注目が集まっている。
「少し前なら、ライバル書店同士が連携するなんて考えられなかった。でも、競争しなければいけない相手はアマゾン。共通の敵がいることが、私たちの『糊(のり)』になった」


2015年10月22日木曜日

ブログ投稿小説 人気ランキング


ブログ投稿小説 人気ランキング





これまで数本の小説を掲載させて頂きましたが、その中でどの作品が一番人気なのか、こちらにて発表させて頂きます。


なお、表示しているPV数は凡その数字となり、「各話のトップ数」を抜き出したものとなります。
ご了承下さい。


また、記事中の画像をクリックして頂くと各小説に飛びますので、よろしくお願い致します。






第9位
PV数 330

「ありったけのマーマレード(序盤のみ掲載)」



第一話へジャンプ



2015年10月21日水曜日

極貧における食事風景99


極貧における食事風景99 総括




そろそろシリーズ終了ということで、総括でも。





こちらのシリーズでは、さまざまな話題を取り上げてまいりましたが、主たる話題、主題としましては、

「劣悪状況からの脱却」

が上げられます。


といいますか、結局のところ、

「ハローワークへダッシュで向かえ」

という簡単な答えで終わってしまう問題でもあります。



2015年10月19日月曜日

AMAZONにてステマレビュー?


AMAZONにてステマレビュー?



JCASTさまの記事より。


JCASTさまの記事へジャンプ




一部引用



「電子書籍のカスタマーレビュー依頼」――今、こんな「仕事」がネット上で取引されている。Amazonなど電子書籍を販売する大手通販サイトの口コミ欄に、金銭を得て特定商品への賞賛レビューを投稿する作業だ。
   企業が個人に仕事を発注する「クラウドソーシングサービス」を経由し、1件およそ50円の低価格で発注されている。

 しかし、口コミ欄のカスタマーレビューには不自然さが漂う。いずれも「★5つ」の最高評価を付けて「参考になります」「勉強になりました」と絶賛している一方、内容にほとんど触れていない。
 レビュワーも「シムシスブックス」だけをレビューしていたり、レビュー済み商品が1つだけだったりと、どこかおかしい。


2015年10月18日日曜日

たびたびで失礼します。


新作長編「裏庭の、とある神社の裏側で。」発売中!








こちらの小説は、ふりがな付きで約14万字を収録。
お値段は200円(サイトによって少々異なります)!


販売サイトさまは、現段階で↓となっております。



AMAZON




Google Play




楽天kobo



BOOK WALKER




パソコンで閲覧の方は、ブログ右枠「網葉きよら 小説一覧」からもご購入頂けます!



2015年10月17日土曜日

のべつまくなしな休憩


今月は、漫画家「日野日出志」さんのコミックムービー紹介







私が敬愛してやまない漫画家「日野日出志」さん、なわけですが、
今回紹介するムービーは、かなりホラーな作品ですので、こういったものがお嫌いな方は、記事を避けて頂ければ幸いです。



ということで、日野日出志さんについてなんですが、
先生の詳細はこちらを閲覧して頂くとして、まずはムービーの紹介です。


このムービーは、「Girls CH」さまにて公開されているもので、日野先生の名作漫画を動画にした作品となります。


ですので、「日野日出志」さんがどのような作品を手がけているのか、簡単に理解出来るムービーということにもなります。



2015年10月15日木曜日

ラストまで書ききるということ


小説をラストまで書ききるということ








「世の中の誰しもが、1本くらいは小説を書ききることが出来る」
なんて言うらしいですね。


それは確かにそうだと思います。


ただ、「何本も」となれば、やはり難しい問題です。


普通の仕事と同じように、そこへ「責任感」でもあれば、何本も書くことが可能だとは思うのですが、
インディー作家さんや兼業作家さんだと、間違い無く「疲れるお仕事」になるでしょうね。


そしてさらに話を推し進めれば、
「責任感」とはまた別の、「使命感」なるものを以て小説を執筆すること
が、一番良いのではないのかなと。


2015年10月14日水曜日

意外な会社さんが電子書籍業界へ参入


意外な会社さんが電子書籍業界へ参入



「ECサポーター」さまの記事へ


一部引用


大和ハウスグループの大和リビング株式会社と株式会社メディアドゥは、大和リビングが運営するショッピングサイト「HeartOne mall(ハートワンモール)」内に電子書籍販売サイト「HeartOne BooKs(ハートワンブックス)※」の提供を開始した。(※今回のサービスはAndroid版のみで開始し、iOS版のサービスは近日中に開始する予定。) 
「HeartOne BooKs」は月額会員制で入会コースに応じてポイントを付与し、ポイントで電子書籍を購入できるスマートフォン向けの電子書店。 
ポイントが不足しても、従量購入でポイントを追加することが可能。同書店において電子書籍を販売する「ストア」はwebで、「本棚とビューア」はアプリで提供している。また、パソコンから作品の購入もできる。(作品の閲覧はスマートフォンのみ)。


2015年10月13日火曜日

小説と実経験


小説と実経験(体験)






よく言われる話だとは思うのですが、
小説執筆にあたって「実際に経験する」という行為は必要なのかどうか、
という疑問がございます。


ある方は、
「実際に経験しておかないと、小説なんて書けない」
とおっしゃり、
別の方は、
「いや、経験が無いからこそ、創造の余地がある」
と述べる。


このように、「実経験」があったほうが良いのか、それとも無いほうが書きやすいのか、ということですね。



2015年10月11日日曜日

Kindleのカラー化?


Kindleのカラー化?




lifehackerさまにて、面白い記事が。



lifehackerさまの記事へ



一部引用

 Kindleをはじめとする、電子書籍リーダーなどに使われている電子ペーパー。液晶ディスプレイなどと比べた場合、圧倒的な省電力がメリットとなりますが、カラー化が難しいのが弱点でもありました。 
 しかし、その弱点もいずれは克服されるかもしれません。本日(10月7日)より4日間にわたって開催される「CEATEC JAPAN2015」にて、E Ink社の電子ペーパーのカラー化デモが展示されていました。

 デモの中でも眼を引いたのが、鮮やかなレッドとイエローのディスプレイ。白黒+1色(レッドまたはイエロー)まで表示できる電子ペーパーで、必要に応じて表示を変えるスマートカードや、医療機器といったマーケットを念頭に置いて製作されています。 
 この色数でできることはシンプルな強調表示くらいですが、発色がよいので電子書籍のハイライト機能などにも転用できそうです。


2015年10月10日土曜日

「網葉きよら」の短編、「ありったけのマーマレード」発売中ですよ。


いつものやつにて失礼。




日本独立作家同盟様主催の電子書籍「月刊群雛3月号(2014年)」に、
私こと「網葉きよら」の短編、

「ありったけのマーマレード」

のご掲載を頂いております。


こちらの月刊誌は、様々なインディー作家が集結し、色とりどりな作品を発表している、かなり珍しい電子書籍となっております。


気になる販売サイト情報ですが、日本独立作家同盟様のご尽力により、様々な電子書籍サイトにてお取り扱い致しております。


日本独立作家同盟様「月刊群雛 刊行リスト」へ



2015年10月9日金曜日

極貧における食事風景98


極貧における食事風景98 総決算 その3







さて、後期についてですが、
後期ではさまざまな話題についてまとめております。




2015年10月7日水曜日

極貧における食事風景97


極貧における食事風景97 今までの総決算 その2







前回記事では、シリーズ初期についてのまとめでしたが、今回は中期における記事まとめとなります。



2015年10月6日火曜日

無料立ち読みを変更致しました。


短編1本丸々立ち読みコーナーを変更です!







右枠にございます「短編1本丸々立ち読みコーナー」を、別の小説に入れ替えました。


端編集1」に収録しております「プラスチックムーン」から、
「普遍的世界におけるたった一つの例」
に変更です。


なお、期間限定での公開となりますので、留意下さい。
※推奨ブラウザはChrome,Safariになります。



2015年10月5日月曜日

極貧における食事風景96


極貧における食事風景96 今までの総決算 その1






このシリーズもそろそろ終了ということで、これまでを簡易的にまとめていきたいと思います。
そして、今までの記事を大きく区切って、全3回にて記事にしてまいります。



2015年10月3日土曜日

「BOOK WALKER」さまでも発売!


網葉きよらの新作長編が、「BOOK WALKER」さまでも発売!



表題のとおり、「BOOK WALKER」さまにて発売開始です!


お値段は200円で、こちらもふりがな付き!



BOOK WALKER



2015年10月2日金曜日

新作長編「裏庭の、とある神社の裏側で。」について



新作長編「裏庭の、とある神社の裏側で。」について





新作小説のあらすじ等はブログにて確認して頂くとしまして、今回は執筆においての状況思いについての記事となります。







早速本題ですが、
この「裏庭の、とある神社の裏側で。」は、実のところ結構前に執筆したものなんです。


およそ2年くらい前となるのですが、とにかくその時は、極貧な生活を営んでいました(今でも一緒)。


で、ふと思ったわけです。
「ああ、自分だけの場所が欲しいなー」
と。


それが今作では、「穴」という形になったとは思うのですが、正直なところ、執筆時はそこまで意識しておりませんでした。




今考えれば、恐らくですが、そのような思いや状況が無意識下に存在しており、いつしかフッと意識下へ上昇、そして小説へと昇華したものと思われます。



2015年10月1日木曜日

新作長編「裏庭の、とある神社の裏側で。」が発売となりました!


新作長編「裏庭の、とある神社の裏側で。」が発売となりました!









以前から告知させて頂いていたとおり、
「裏庭の、とある神社の裏側で。」が、この度発売と相成りました!


こちらの小説は、ふりがな付きで約14万字を収録。
お値段は200円(サイトによって少々異なります)となっております!


販売サイトさまは、現段階で↓となっております。



AMAZON




Google Play





楽天kobo



パソコンで閲覧の方は、ブログ右枠「網葉きよら 小説一覧」からもご購入頂けます!