過去記事ランダム

2015年11月30日月曜日

文学の権威とはなんぞや


文学の権威とはなんぞや



とりあえず、こちらのニュースでも。



「デイリーニュースオンライン」さまの記事へ




一部引用


 芥川賞を受賞後、メディアに引っ張りだこのお笑いコンビのピース・又吉直樹と作家の羽田圭介氏。 
 又吉にいたっては相方の綾部祐二に「先生」扱いされているが、これはあきらかに茶化し。
 一部からは「芥川賞も軽くなったものだ」「ネタにしすぎ」という批判も出てきているという。  
――中略――

「過去に芥川賞作家がここまで軽いタレント扱いをされることは珍しいですし、片方は芸人とはいえ、芥川賞作家の威厳はどこへいったのか? と確かにツッコみたくもなります。 
 ほかの作家さんがどういった気持ちで受賞作家がイジられるバラエティを見ているのか…」(文芸誌編集者)
 もしも芥川賞の権威が失墜したとしたらこれは一大事。2人には次回作でそんな揶揄する声を吹き飛ばしていただきたいものだ。


2015年11月28日土曜日

電子書籍コミュニティサイト「Wattpad」さんにて、新しいシステムが!


電子書籍コミュニティサイト「Wattpad」さんにて、新しいシステムが!



「hon jp」さまの記事へ





一部引用


 米国の電子書籍ニュースサイト「The Digital Reader」によると、カナダの電子書籍コミュニティサイト「Wattpad」が年明け1月中旬から、会員作家が作中にアニメGIFやYoutube動画を挿入できるようにすることを明らかにしたとのこと。
 同サイトは英語圏で現在もっともホットな電子書籍投稿コミュニティで、クラウドファンディング機能など、他にはない多くのサービスを提供していることで有名。


2015年11月27日金曜日

小説内の死について


小説内の死について








こっちは軽い文体で。






いやあ、正直なところ、俺は「死ぬ死ぬ系」の小説や映画があまり好みではないんですよ。


「死ぬ死ぬ系」物語例えば、

誰々が病気になって死にそうだが、介助しつつも遂には亡くなるような作品とか、

愛する人が事故によって亡くなり、哀しみにうちひしがられる物語とか、

余命が1ヶ月しかない大事な人が、頑張って余生を全うしようとするが、結局亡くなる話とか、

そういうのがなんか無理なんですわ。




こう言うと「人でなしじゃねえの?」と思われるかもしれませんけど、まあ、人の意見なんてどうでもいいです。



2015年11月26日木曜日

二元的な死について


二元的な死について








ふと思ったので、こちらに記します。






「死」というのは怖いもので、逃げ切ることの出来ない「苦」でもあります。


だれしもがいつか死に、無へと帰ってゆきます。
がしかし、「心」と「身体」が同時に無くなるぶんに関しては、まだマシなのかもしれません。


心だけが死んで身体のみが生きているのは、本当に生きていると言えるのか。
あるいは、身体は死んでしまったが、心は健常である。そういった状況は死ぬより辛いのではないか。



2015年11月24日火曜日

図書館向け電子書籍?


図書館向け電子書籍?




INTERNET WATCHさまの記事へ




一部引用



 全国の公共図書館中央館1352館を対象としたアンケートについての報告がなされた。
 回答数は791で、回答率は58.5%。都道府県立および政令指定都市の図書館の回答率は、約95%とかなり高い。 
 なお、このアンケートは2013年から行われており、今回が3回目。

―中略―


 懸念点として上位に挙げられている「購入費用の会計基準」は、通常、本は「備品」として購入するが、「電子書籍サービス」は「利用」するものなので、「備品」の予算をそのまま使うと問題になってしまう可能性があるということ。


―中略―


 コンテンツを提供する側の立場として、講談社の吉羽氏が現況の説明を行った。

「本気でやる気があるのか?」と言われれば、講談社は野間社長が陣頭指揮を執って強力にデジタル化を推進しており、マンガはほぼ同時刊行を実現。

 テキスト系はまだ同時刊行にまでは至っていないが、徐々に改善されているという。


2015年11月23日月曜日

不幸と作品


不幸と作品






かつて、著名な方がこう言われました。

「小説家は不幸なほど良い」

と。


自身や回りが不幸であればあるほど、その逆境をネタにし、お金を稼いでやるという意欲が湧く、ということなのでしょう。


また、別の著名な海外ロックミュージシャンがこう言ったのを覚えています(意訳)。

「目の前には綺麗な海、後ろを向けば自身の豪邸、車庫には高級車、横には美女。

これで何に対して怒れと? どうやって曲を作れと?

これじゃあ何も作れやしない」

やはり、「怒り」や「悲しみ」から「何か」が生まれるということなのかもしれません。


これらは、憤りに似た感情によって、おのが身を削り、いつしかそれが形となり、そして作品という表層を得たうえで、海なる市場へと出航していくこと、に似ています。




となりますと、作品は自作の船と同義であり、マストであり、舵であり、自身は船長と言い換えることが出来ます。


2015年11月22日日曜日

カドカワさんが電子書籍事業で黒字


カドカワさんが電子書籍事業で黒字



日本経済新聞さまの記事へジャンプ



一部引用


 カドカワが12日発表した2015年4~9月期の連結決算は最終損益が19億円の黒字となった。
 前期は経営統合に伴う6カ月の変則決算だったため、前年同期との比較はできない。
 4~6月期は2億円の赤字だったが、7~9月期で吸収して黒字に転換した。
 若者向け小説のアニメ化でヒット作が出た。電子書籍の販売も拡大した。


2015年11月20日金曜日

日本語は難しい。


日本語の難しさ






タイトルのとおりですが、本当に日本語は難儀です。


何が難しいって、汎用性が高く、柔軟であるがゆえに表現の幅がすこぶる広いということに原因があります。


例えばこういう文章があったとします。

私はお菓子をいっぱい食べた。

当然これだけでも内容は通じるのですが、別の方法でも意図は変わりません。


「私は食べた、いっぱいのお菓子を」


でもOKですし、


「私はお菓子を食べた。いっぱいの」

「いっぱいお菓子を食べた。私は」

「私はいっぱい食べた。お菓子を」


こういった形でも通じます。


さらには、


「私はお菓子をすごい食べた」

「めっちゃお菓子食べたわ、俺(わたし)」

「私はいっぱいのお菓子を頬張った」

「俺(わたし)が食べたのは、かなりの数のお菓子だ」


多少変形ではありますが、このような表現も可能です。



2015年11月19日木曜日

<第6回>網葉きよらブログ 人気記事ランキング


網葉きよらブログ記事 累計ランキング 第6回







今まで掲載した500以上の記事の中で、上位の10記事をこちらで発表させて頂きます。


各順位に掲載している画像をクリックして頂ければ、該当記事へ飛ぶようになっております。


ちなみに、凡その数字を掲載致しておりますので、ご了承下さい。




第1回ランキング記事こちらから。
第2回こちらからどうぞー。
第3回こっちで。
第4回ここ
第5回です。












2015年11月18日水曜日

新作「「裏庭の、とある神社の裏側で。」発売中です。


新作長編「裏庭の、とある神社の裏側で。」発売中!








こちらの小説は、ふりがな付きで約14万字を収録。
お値段は200円(サイトによって少々異なります)!


販売サイトさまは、現段階で↓となっております。



AMAZON




Google Play




楽天kobo



BOOK WALKER




パソコンで閲覧の方は、ブログ右枠「網葉きよら 小説一覧」からもご購入頂けます!



2015年11月16日月曜日

au携帯向け電子書籍サービスが終了だそうですよ


au携帯向け電子書籍サービスが終了だそうですよ




ITproさまの記事へ



一部引用


 KDDIと沖縄セルラーは、au携帯電話および電子書籍専用端末「biblio Leaf SP02」向け電子書籍サービス「LISMO Book Store」の提供を2016年4月30日に終了する。
 また、月額コースの新規申し込みは2015年11月9日、コンテンツの販売は2016年2月29日に終了する。
 スマートフォンやタブレットの普及に伴い、利用者が減少したことによりサービス終了を決めた。
 今後、利用者向けにauスマートフォン向け電子書籍サービス「ブックパス」などへの移行を促す施策なども検討する。


2015年11月15日日曜日

国境の長いトンネルを抜けると休憩であった。


タイトルと内容は関係ないですよっと。




今月の休憩ネタは、
オマージュバンド「Slaughter of the Bluegrass」の紹介です。



こちらの「Slaughter of the Bluegrass」は、
主に「メロディックデスメタル」や「ヴァイキングメタル」といった、一般的に激しいと言われるジャンルの名曲を、ゆるーい感じにアレンジしているバンドになります。



その「ゆるーい感じ」というのが絶妙でして、
メロディックデスメタルの持つ「美」の部分を抽出、描写したような曲構成となり、
またそれが、「美しくもゆるーい」感じの印象を与えてくれるのです。




メロデスの持つ「美」へ端的に触れることも出来ますので、メタル初心者の方でも、すこぶる聞きやすい作品と言えるでしょう。


まあ、彼らはヘヴィメタラーではないかもしれませんが、元曲が素晴らしいということもあり、今回の紹介と相成った次第でございます。


ということで、
元曲「Slaughter of the Bluegrass」を並べておりますので、聴き比べながらお楽しみ下さい!



2015年11月14日土曜日

電子書籍サイト「ストリエ」がオープン!


電子書籍サイト「ストリエ」がオープン!


新しい電子書籍関連サイトが登場したようです。


アニメ!アニメ!さまの記事へ



一部引用


 大手出版6社8レーベルが参加する新しいかたちの電子書籍サイトが始まった。
 コンテンツ配信事業のインデックスは、2015年11月11日に“トークアプリ風”読み物フォーマット「ストリエ」の正式版をオープンした。
「ストリエ」は小説でもマンガでもない、トークアプリ風に読める新しいかたちの読み物として注目を浴びている。
 テキスト、キャラアイコン、吹き出し、背景、挿絵が組み合わさり、縦スクロールで楽しむことができる。

 ソーシャルメディア時代のユーザーに馴染みやすいかたちで、ストーリーが展開する。


2015年11月12日木曜日

物語を展開させる力


物語の展開について







「物語を展開させる能力」
これが私にはありません。
いや、皆無といって等しいのです。


さんざん「映画」を観て、自分なりに研究してきたつもりなのですが、
じゃあ現場(執筆)でそれが発揮出来るのかと問われれば、否ということになってしまいます。


あまりに観すぎて混乱しているせいなのかもしれませんが、それにしても、現場で思いつかないことが多々あるのです。


「観て面白かったそのまんまを小説でやっちゃえばいいじゃん」
などという悪魔のささやきに負けてしまいそうになる時もあるんですが、
「いや、いかん!」と思い立ち、そして思い立つと同時に手が止まってしまうというドツボへと嵌り込んでしまうのです。




で、手が止まれば必然、物語の流れも悪くなり、分断され、支離滅裂となり、結果的に、奇妙な文章を備えた歪な作品が出来上がる、と。


悪循環です。


最悪です。


センスの無さに絶望です。



2015年11月11日水曜日

余剰文章の削除とか(執筆時)


余剰文章の削除とか(執筆時)






小説を書いていて一番辛いのが、「余分な文章を削除」することです。


当然ながら個人差はあるでしょうけども、私に限っていえばそうなります。


で、文章削除の何が嫌って、


・せっかく書いた文がもったいない

・どこを削除すれば流れがよくなるのか判断しづらい

・逆に、流れを断ち切ってしまう可能性もある

・書いた時のテンションと削除時のテンションが違う


このあたりですね。
そして、


やっぱり苦労して書いたものですから、削除する際は「泣く泣く」という形ですし、

だからといって削除しなければ流れが悪そうにみえるし、

でも、どこを削ればいいのか悩んだうえに、

物語の流れが分断される風でもあるし、

結局、あの時のテンションと今のテンションくらべると全然違うんだから、どうしていいのか分からなくなる。


私の脳内を要約すればこうなります。



2015年11月10日火曜日

楽天koboさんがセールやってるみたい


楽天koboさんが色んなセールしてる



楽天koboセール情報へジャンプ




先着5000名様限定で、15%クーポン配布だそうですよ!
で、期限のほうですが、「2015年11月12日」までとなっているもよう。


残り時間が少ないようなので、お早めにどうぞ!


さらに、「楽天kobo」さんでは、さまざまなセールを随時開催しているみたいです。



2015年11月8日日曜日

極貧における食事風景100


極貧における食事風景100(過去記事まとめ 後編)






記念すべき100回目ですが、今回はこれまでのまとめ(後編)となります。


また、前編のまとめはこちらにて記事にしておりますので、併せてよろしくお願い致します。



2015年11月7日土曜日

電子書籍と図書館でのレンタル


電子書籍と図書館でのレンタル



産経ニュースさまにて、電子書籍と図書館の記事が。



産経ニュースさまの記事へ



一部引用


 平成19年に全国に先駆けて電子書籍貸し出しサービスを始めた同図書館では、音声付き英語学習教材や3D図鑑、江戸時代の風俗本など貴重な資料も含め約7500タイトルを貸し出す。 
「(電子書籍は)パソコン上で文字を拡大したり白黒の反転ができるので、普通の本を読みにくい老眼や弱視の人にも向いている」と坂巻さん。
 手持ちのパソコンやタブレット端末、スマートフォンにダウンロードすれば、いつでもどこでも手軽に本を借りられる電子書籍貸し出しサービス。 
 高齢者や障害者など図書館へのアクセスが難しい人たちへの利便性を飛躍的に向上させると期待されている。
 「電子出版制作・流通協議会」によると、全国に約3200館ある公共図書館のうち、同サービス(電子図書館)を実施するのは昨年3月で約40館。 
 しかし来年4月、障害を理由にした差別を禁じる障害者差別解消法が施行されることもあって、同サービスを導入する動きが広がっている。


2015年11月6日金曜日

海外ドラマのお話です。


海外ドラマのお話です。


表題のとおり、今回は映画記事ではなく、
私が見た「海外ドラマ」の中で、特に面白かった(面白い)3作を勝手に紹介させて頂きます。


どの作品も現在放映中となり、レンタルされているものもございますので、この機会に是非どうぞ!










致死性のウィルスにより、地球に残った人間は主人公ただ1人


その主人公の男は、自分以外誰もいないことから、暇で暇で仕方がなく、日がな色んな遊びを試していた。


と、ある日、
1人の生き残り女性と出会うこととなる。


が、その女性は、「50歳以上のおばさん」で、その上ブサイク。さらには喋りまくりで料理も下手の極み。
性格も見事に自我肥大したような人だった。


そんな彼女が、主人公に対し「子供作らなきゃいけないから、結婚しよう」と提案。


しかし主人公は気に食わない。
なにがって、彼女がババアでブサイクだから。




ただ、節句スはしたいと。


じゃあ、どうするんだ?
という恋愛?ストーリー。




<予告編(英語)>



2015年11月3日火曜日

無料立ち読みを変更しましたー


短編小説立ち読みコーナー変更のお知らせ。




ブログ右枠にある「網葉きよら短編小説丸々1本立ち読みコーナー」を変更致しました。


端編集1」に収録されております「普遍的世界におけるたった1つの例」から、
「コキョウ」に変更完了です。


※推奨ブラウザは、「Chrome,Safari」となります。




こちらの小説に関する詳しい情報は、私のブログ記事を閲覧下さい。


該当記事へジャンプ



2015年11月2日月曜日

田中せいやさんの「昭和の空耳」、絶賛発売中です!


田中せいやさんの「昭和の空耳」、絶賛発売中です!



BCCKさま「昭和の空耳」へ


BCCKS様では配本先リンクも




目次抜粋(一部)


【できごと】
停電/日食/駄菓子屋さん/火の用心/障子洗い/たまにくちずさむ歌/ボタン/穴なし五円玉/ふうせん/しつけのいい子?/検便/
泣いて馬謖を斬る/付録/電話のむこうで/水戸黄門/とっさのしぐさ/気絶/社宅で~父のむかしばなし/姉弟げんか/祖父の叫び~父のむかしばなし/
葬式/初失恋/柱のキズ/帰省/におく/鼻の穴/自動車の初乗り

【生きもの】
後悔/豚肉/クワガタ/診療所の犬/でてたもの/田舎のニワトリ/虫の卵/むじな/ミジンコ/鈴虫の求愛

【小休止の歌】
正社員になったら

【もの】
なつかしいものたち~プロローグ/石油ストーブ/扇風機/毛糸のパンツ/かき氷器/柱時計/冷蔵庫/風呂敷/なんでもおもちゃ/ハエ対策/
チリ紙/下駄箱/違反切符/運動靴/電話機/夏の読書/アイスいろいろ/お人形さん/たこ/ヘルメット/レコード/紙テープ/傷



他、計4万9千字の物語を収録。