過去記事ランダム

2016年12月31日土曜日

今年もお世話になりました!


今年もお世話になりました!










というかですね、
風邪、頭痛、歯痛のトリプルスリーで年俸アップやったね山田くん! 状態でしたわ。



2016年12月21日水曜日

頭痛はすべてを飲み込む


頭痛はすべてを飲み込む










持病の偏頭痛ですわ。


何をやろうとしても、クスリを飲んでも、小説考えても、すべては頭痛という不可解な存在によって妨げられる。



結局のところ、良い小説を生むには、身体がまず一番なんでしょうね。


それを如実に感じてます。



2016年12月17日土曜日

今月の休憩ネタ(直球)


今月の休憩ネタ(直球)






適当なタイトルを付けても良かったんですけど、たまには直球で。



ってことで、音楽のお話。






つい最近、私の好きな兄弟バンド「NELSON」が、ロックの世界を引退されたそうで、過去作引っ張り出して聴いていた次第なんですわ。


彼ら「NELSON」は、イケメン双子として1990年にデビューし、現在まで活動されていたバンドです。


これからは、カントリー系音楽を中心に発表されるそうですが、ロック界からの引退は残念で仕方がありません。



2016年12月16日金曜日

中国市場と電子書籍


中国市場と電子書籍



「honドットjp」さまの記事へ






一部引用


 米国の電子書籍ニュースサイト「Digital Book World」によると、中国市場の開拓に詳しい電子書籍流通会社Trajectory(本社:米国マサチューセッツ州)が、中国市場参入の有望性と困難さについて現状を報告している。

 記事によると、中国はスマートフォンユーザーが9.13億人もいる超有望市場だが、中国政府の検閲審査待ちもあって、たとえ中国語翻訳版が完成しても、現地での作品発売まで3〜5年かかる現状を説明している。



2016年12月15日木曜日

中編小説「Dusk Mask」無料で公開中ですよ!


中編小説「Dusk Mask」 無料で公開中。





網葉きよらの中編小説「Dusk Maskが、
BiB/iさん(縦書き仕様、拡大可能、ふりがな付にて閲覧出来るようになっております。


PCでご覧の方は、ブラウザ「chrome,safari」対象となります。
スマホでご利用の方もお読み頂けます(全機種は確認しておりません)。



本編丸々掲載しておりますので、この機会にぜひどうぞ!


なお、現在不具合につき、PC上ですと二重に並んで表示される恐れがございます。
また、スマホで読まれる場合は、BiB/iさん左上のメニューボタンを押されてからお願い致します。



左上の3ラインボタンがメニューです



2016年12月11日日曜日

宇宙の果て、ってどんな感じなんだろう?


宇宙の果て、ってどんな感じなんだろう?






そっち系の動画を見入ってたんで、自分用のメモ代わりに。









単純に宇宙の果て、って言いますけど、現在の宇宙は膨張中であって、次々と「果て」を消化していっている状態なのですから、どこかで区切りをつけなければなりません。


が、区切りが出来るということは、この宇宙と別の空間ないしは時空を分けるということであり、
分かれるということは、あるのかないのか分からない宇宙の果ても存在する可能性があるってことに。



とまあ、考えれば考えるほどドツボにハマるわけですから、現段階においては思考実験を繰り返すしか道はありません。


で、私も色々と考えていたのですが、ある一定の自分なりの結論が出ました。


当然ながらそれは、科学的に実証されたものではありませんし、実証出来るようなものでもありません。


それでも、今後の執筆用の肥やしになればってことで記載。



2016年12月9日金曜日

網葉きよらブログ投稿小説 人気ランキング 第6回


ブログ投稿小説 人気ランキング 第6回







前回が9月末更新ですから、約二か月ぶりの小説ランキング。


なお、表示しているPV数は凡その数字となり、「各話のトップ数」を抜き出したものとなります。
ご了承下さい。


また、記事中の画像をクリックして頂くと各小説に飛びますので、よろしくお願い致します。






第10位
PV数 500

「裏庭の、とある神社の裏側で。(序盤公開 第2部)」



「第2部」へ移動


2016年12月8日木曜日

日本独立作家同盟さんが面白い企画を!


日本独立作家同盟さんが面白い企画を!


「INTERNET WATCH」さまの記事へ





一部引用


 NPO法人日本独立作家同盟は29日、編集者と作家がタッグを組み、2日間で短編小説を電子書籍として販売可能なEPUBの形にまで仕上げる小説創作イベント「NovelJam」を2017年2月4日・5日に開催することを発表した。参加費は8000円(税込)。

 定員は作家が20名、編集者が10名で、2日間の期間中に1人の編集者が2名の作家を担当する。
 編集者は、商業出版や文芸編集かどうかは問われないが、何らかの経験が必須となる。応募者が多数の場合は、事務局にて選考を実施し、作家と編集者の組み合わせも事務局がカップリングを行う。
 参加申し込みは、NovelJamのウェブサイトから受け付けている。また、協賛企業も募集している。


2016年12月6日火曜日

恐怖の根幹


恐怖の根幹







恐怖の根源とはいったいどのようなもので、どこから発生するのか。





例えばホラー映画。


この場合ですと、恐怖が視覚化されることで恐れを客に与えるということとなり、
ホラー小説であれば、想像力を使わせることで恐れを発生させ、
あるいはゲームであれば、没頭させる一体感を以て恐怖を与える、と。


このように、エンタメや各種道具がさまざま発展してきた現代においては、恐怖もまた一つのエンタメや道具として機能致します。



2016年12月2日金曜日

網葉きよら小説「発疹」 完全無料です!


網葉きよら小説「発疹」 完全無料です!








なんかあれですね、BiB/i」さんの調子がおかしいのか、右枠にある立ち読みコーナーが読めなくなってます


DROPBOXにepub入れてたんですが、どうもそれが読み込めなくなっている様子。


あれこれと試行錯誤するも撃沈。
ってことで、とりあえず放置するしかないか……。


ただ、「EPUB on Twitter」さんのサイトにて、そちらへアップロードすればブログ記事のepubは読めるもよう。


よって、「EPUB on Twitter」さんを利用させて頂くことに。
それでも右枠の立ち読みコーナーだけはどう足掻いてもダメでした。


しかも、BLOGGERだとブログにファイルアップロードが出来ない仕様のようで、なんともかんともって感じです。



2016年12月1日木曜日

「BOOK WALKER」さまにて、電子書籍セール開催のようですよ。


「BOOK WALKER」さまにて、電子書籍セール開催のようですよ。



「BOOK WALKER」さま特設サイトへ





一部引用


 2016年12月3日に6周年を迎えるのを記念して、期間中、対象出版社作品、レーベル作品もしくは各出版社の厳選人気作品が日替わりで最大50%OFFまたはコイン最大20倍になります。
 同時開催のコイン最大50倍キャンペーン、日替わりリレーフェア参加の出版社(41社)で買いまわると最大+10倍分のコインと合わせると、なんとコインは実質最大80倍に!



2016年11月27日日曜日

田中せいやさんの新作小説 「いんぐりっちゅ10(世にも奇妙な物語る)」 発売中!


田中せいやさんの新作小説
「いんぐりっちゅ10(世にも奇妙な物語る)」 発売中!



「BCCKS」内、該当ブースへ

BCCKSでは配本先リンクも




目次抜粋



1E.The train/1J.電車

2E.Tissues/2J.ティッシュ

3E.Vanished machines/3J.きえたマシーン

4E.A diet pill/4J.ヤセ薬

5E.A memory of hermit crabs/5J.ヤドカリのおもいで

6E.A man with restless eyes/6J.ぐるぐる男

7E.Yukio's days/7J.ユキオくんの日常

8E.My day/8J.自分の日

9E.Bun-eating race/9J.パン喰い競争


10E.From the veranda/10J.ベランダから



2016年11月26日土曜日

急転直下な物語展開


急転直下な物語展開









タイトルのとおりなんですが、
最近、急転直下(急激な変化からの結論)する物語が書きたいとの欲望が。


なもんで、
新たな小説や、今までに書いた小説の急転直下バージョンを追記している始末。


がしかしですよ。
ただただブン回せば良いってものでもないみたいで、
かといって理論だってあーだこーだとこねくり回したところが逆に意味不明となってしまったりと、これが意外と難しい


2016年11月16日水曜日

第5回 新書紹介人気記事ランキング


第5回 新書紹介人気記事ランキング







前回が2016年の8月更新ですから、3か月ぶりの更新。


ですが、やっぱりどうして変わり映えなさそうです。
このランキングでアクセスが少しでも増えるようなら、また復活させようかなと思っていたりするんですが、正直微妙ですな。


ということで、
例によって、画像クリックで記事へと移動致します。





第10位 「大創出版 慣用句辞典






第9位 「胎児の世界






2016年11月12日土曜日

電子書籍読み放題サービスの満足度?


電子書籍読み放題サービスの満足度?



「Cnet Japan」さまの記事へジャンプ





一部引用


 ジャストシステムは10月26日、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「定額制し放題サービスの満足度に関する実態調査」の結果を発表した。
 調査期間は10月21~23日。調査対象は、スマートフォンを所有する20~50代の男女。有効回答は1104人。
 定額制の電子書籍読み放題サービスを知っていると回答した人のうち、「より魅力的な、新サービスの登場を期待する」人は27.5%、「より魅力的な、新サービスの登場をまあまあ期待する」人は25.9%、「定額制書籍読み放題サービスにはあまり期待しない」人は13.5%、「定額制書籍読み放題サービスには期待しない」人は21.1%だった。
「あまり期待しない」「期待しない」の合計は34.6%となり、3人に1人があまり期待していないことになる。


2016年11月9日水曜日

「GYAO!」さまにて、映画「アクト・オブ・キリング」無料配信中。


「GYAO!」さまにて、映画「アクト・オブ・キリング」無料配信中。









私のブログでも紹介させて頂いた名作ドキュメンタリー映画、
アクト・オブ・キリング」が、
動画配信サイト「GYAO!」さまにて無料で配信中ですぜ。






<アクト・オブ・キリング 予告編>



2016年11月6日日曜日

偉大な男の引退。


偉大な男の引退。







野球ごとで恐縮&カープネタで申し訳ないんですが、
黒田投手がこのたび引退されましたね。


偉大なる選手、人間がもたらしてくれた物語は、得てしてとってつけたかのような物語と言われても差支えがないほどの出来栄えで、同時に素晴らしいストーリーでもありました。



2016年11月3日木曜日

宣伝日にて失礼しまっす。


宣伝日にて恐縮。







日本独立作家同盟様主催の電子書籍「月刊群雛3月号(2014年)」に、
私こと「網葉きよら」の短編、

「ありったけのマーマレード」

のご掲載を頂いております。


こちらの月刊誌は、様々なインディー作家が集結し、色とりどりな作品を発表している、かなり珍しい電子書籍となっております。


気になる販売サイト情報ですが、日本独立作家同盟様のご尽力により、様々な電子書籍サイトにてお取り扱い致しております。


日本独立作家同盟様「月刊群雛 刊行リスト」へ


2016年11月1日火曜日

漫画特化な「Kindle Paperwhite」が出たみたいですよ!


漫画特化な「Kindle Paperwhite」が出たみたいですよ!



「GIGAZINE」さまの記事へジャンプ



一部引用


 300ppiの高解像度で小さな文字や細かな絵の表現を紙の印刷物のようにくっきりと表示させるAmazonの電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」に、マンガを読むのに最適化された「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」が登場しました。
 Kindle Paperwhiteのマンガモデルは従来の8倍である、32GBのストレージを搭載した電子書籍リーダー。
 マンガなら約800冊、書籍なら数千冊を保存可能となっています。


2016年10月29日土曜日

考えすぎな文章


考えすぎな文章








いやあ、あれやこれやと考えながら、特に文章について廻らせながら小説書いていると、なんだか不思議な気持ちになることがあります。


なんというか、ズレが生じている感じ
この文は正しいのだろうか、あるいは間違いなのか、間違いならどこか間違いなのか、文法的に正答であるのか、それとも悪文なのか。


このように考えながら書いていると、自分の頭の中で、分裂した気質がみるみるとたちこめてくる感覚が襲います。


これらを端的に述べれば、ゲシュタルト崩壊というやつにあたります。


ゲシュタルト崩壊とは、ある文字をずっと、あるいは何度も何度も見つめていると、その文字が本当は間違いではないのか、この文字はこんな形だったっけ? などと思ってしまうことを言います。


その崩壊が文にも起こるというわけで、もしこの作業を続けていくとするならば、
いつしか気がふれ、ある日突然奇声をあげるような、立派なアレが出来上がるような気すらします。



2016年10月23日日曜日

米国で「個人作家の電子書籍シェア」が減少。


米国で「個人作家の電子書籍シェア」が減る。




「honドットjp」さまの記事へ







一部引用


 Author Earningsサイトは、個人作家Hugh Howey氏がAmazon.com用Webクローラーを自作してKindle個人作品市場の成長度合いを調査・分析しているもので、レポート第一弾から、無名の個人作家たちがAmazonの電子書籍コーナーを実質掌握していることを明らかにし、米AAPや英Neilsen Booksのレポート数値があえて非ISBN書籍をカウントしないことで恣意的操作されていることを指摘していた。

 最新版では、同サイトが2014年からクローラー調査を開始してから初めて、販売部数ベースで市場シェアを圧倒していた個人作家作品のシェア低下を感知。



2016年10月20日木曜日

休憩と旅する男


毎度、タイトルは関係ないですよ、と。





今月の休憩ネタは、有名人による名作朗読、です。


ってことで、早速。





朗読・佐野史郎 

著作・押絵と旅する男

作者・江戸川乱歩






いちいち解説しなくてもお分かりかと思いますので、余計なことは言わず書かず、次!



2016年10月16日日曜日

田中せいやさんの新作小説「いんぐりっちゅ9(人間模様)」 発売中!


田中せいやさんの新作小説「いんぐりっちゅ9(人間模様)」 発売中!




「BCCKS」該当ページへ


BCCKSでは配本先リンクも




目次抜粋



1E.Mr. Tanaka's retirement near at hand/1J.定年まぢかの田中さん

2E.Shaking leg syndrome/2J.びんぼうゆすり

3E.My lord!/3J.殿ぉ~

4E.About my girlfriend 1/4J.彼女のこと1

5E.incineration/5J.焼却

6E.Withholding my laughter/6J.こらえたこらえた

7E.About my girlfriend 2/7J.彼女のこと2

8E.My youthful family/8J.ぼくんちピチピチ

9E.An eccentric person/9J.風変わりなひと

10E.A conjugal conversation/10J.夫婦の会話

11E.Graffiti in the bathroom/11J.トイレの落書き

12E.The chief mourner/12J.喪主もしゅ


2016年10月12日水曜日

アマゾン電子書籍にて不正が発生しているみたい。


アマゾン電子書籍にて不正が発生しているみたい。


「CNET Japan」さまの記事へ



一部引用


 バンクーバーに拠点を置くShershnyov氏のビジネスは、Amazonの顧客を騙して、劣悪な品質の電子書籍を購入させるというものだ。
 これらの電子書籍は、ボットとスクリプト、仮想サーバで構成される悪意あるシステムによって、同オンラインマーケットプレイスでの評価が水増しされていた。
キャットフィッシングは新しい手口ではない。
 その歴史は詳細に記録されている。金を払って偽のレビューを書かせる詐欺師もいれば、ほかの手口でシステムを不正に操作しようとする詐欺師もいる。
 これまで、こうした詐欺の仕組みを詳細に調べることのできた者はいなかった。
 これらの電子書籍にある程度の内容があると信じ込まされた純粋な購入者を食い物にして、莫大な額のロイヤリティを発生させてきた、これほど大規模な詐欺となると、なおさらだ。


2016年10月9日日曜日

網葉きよらブログ記事 累計ランキング 第10回


網葉きよらブログ記事 累計ランキング 第10回







今まで掲載した0以上の記事の中で、上位の10記事をこちらで発表させて頂きます。


各順位に掲載している画像をクリックして頂ければ、該当記事へ飛ぶようになっております。


ちなみに、凡その数字を掲載致しておりますので、ご了承下さい。
って、ほぼ映画ランキングなんですけどね。


第1回ランキング記事こちらから。
第2回こちらからどうぞー。
第3回こっちで。
第4回ここ
第5回です。
第6回
第7回
第8回
第9回












2016年10月7日金曜日

エッジの効いた物語


エッジの効いた物語








いやあ、「エッジの効いた物語」っていったいどんなのでしょうね。


って、つい先ほどふいに浮かんだ文なんで、どうでもいいっちゃどうでもいいんですけど、なんだかちょっと気になります。


エッジの効いた、といえば、音楽ならギターのリフがザクザクしているようなイメージで、
長嶋茂雄さん風に表現するならば、「ガッときて、ザクッとやって、シュッだよ」と、こんな感じになるような気がします。


まあともかく、「鋭角」なるイメージを持ち合わせた物語のことではないかと思案。



2016年10月4日火曜日

Kindle定額サービスから講談社の書籍が・・・


Kindle定額サービスから講談社の書籍が・・・


「ねとらぼ」さまの記事へ




一部引用


 講談社は10月3日、Amazon.co.jpが8月3日にスタートした電子書籍の定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」において、配信していた1000タイトル以上の書籍や雑誌すべてが一方的に削除されたことを発表しました。
 Amazon.co.jpに対し強い抗議の意を表明しています。
 発表によると、Kindle Unlimitedのランキング上位に並んでいた講談社の十数作品が、先日何も連絡なく「Amazon.co.jp社側の一方的な事情」により配信停止されたとのこと。


2016年10月2日日曜日

「網葉きよら短編丸々立ち読みコーナー」を「プラスチックムーン」に変更しました


右枠にある「網葉きよら短編丸々立ち読みコーナー」を変更しました。








端編集1」に収録しております「春を思う期節」から、
「プラスチックムーン」に変更致しました。


なお、期間限定での公開となりますので、留意下さい。
※推奨ブラウザはChrome,Safariになります。



2016年10月1日土曜日

中編小説「わらしべ弱者」 無料立ち読み。


中編小説「わらしべ弱者」 無料立ち読み。





中編小説「わらしべ弱者」が、
BiB/iさん(縦書き仕様、拡大可能、ふりがな付にて閲覧出来るようになっております。


PCでご覧の方は、ブラウザ「chrome,safari」対象となります。
スマホでご利用の方もお読み頂けます(全機種は確認しておりません)。


本編丸々掲載しておりますので、この機会にぜひどうぞ!



2016年9月29日木曜日

ら抜き言葉と、さ入れ言葉。


ら抜き言葉と、さ入れ言葉。








西日本新聞さんのこちらの記事を閲覧して、ふと思ったのです。


「さ入れ言葉は、受け身な感じがするよね」と。


さ入れ言葉といえば、
「見せて下さい」→「見せて下さい」
「奢らせて下さい」→「奢らせて下さい」
などが思い浮かびます。


確かに文法上は間違っているのかもしれませんが、「さ」を入れることによって、受け身あるいは受動的なニュアンスを感じてしまうのは私だけでしょうか。


「ら抜き言葉」のほうは、
「見れた」→「見れた」
「投げれた」→「投げれた」
といったように、こちらは能動的かつ簡素な感じがします。


2016年9月28日水曜日

電子書籍の購入冊数。


電子書籍の購入冊数。



「マイナビニュース」さまの記事へ




一部引用


 マイボイスコムは9月16日、「電子書籍に関する調査」の結果を発表した。調査は8月1日~5日、同社サービス「MyVoice」のアンケートモニター1万742名を対象に、インターネット調査で実施された。
「電子書籍の利用状況」を聞くと、66.8%で「電子書籍・雑誌は読まない」が最多となった。
 以降「月に1回以下」(9.0%)、「月に2~3回」(4.9%)、「週に1回程度」(4.6%)と続いた。
「直近1年間に購入した電子書籍数」を質問すると、最多は「0冊」(71.9%)だった。
 以降「1~2冊」(8.3%)、「10冊以上」(7.0%)、「3~5冊」(5.7%)と続いた。


2016年9月26日月曜日

ブログ投稿小説 人気ランキング 第5回


ブログ投稿小説 人気ランキング 第5回





二か月ぶりの小説ランキング。


なお、表示しているPV数は凡その数字となり、「各話のトップ数」を抜き出したものとなります。
ご了承下さい。


また、記事中の画像をクリックして頂くと各小説に飛びますので、よろしくお願い致します。






第10位
PV数 460

「裏庭の、とある神社の裏側で。(序盤公開 第2部)」



「第2部」へ移動


2016年9月24日土曜日

田中せいやさんの新作小説「いんぐりっちゅ8(おしごと)」 発売中!


田中せいやさんの新作小説「いんぐりっちゅ8(おしごと)」 発売中!




「BCCKS」該当ページへ

BCCKSでは配本先リンクも




目次抜粋


1E.Contamination/1J.異物混入

2E.The secret of the manager/2J.部長の秘密

3E.ISO14001/3J.ISO14001

4E.On-lookers see most of the game/4J.岡目八目

5E.A party/5J.ある宴会

6E.A fluff/6J.ふわふわ

7E.A visit to a company/7J.会社見学

8E.A memory about my part-time job/8J.アルバイトの思い出



2016年9月20日火曜日

欲求と文章と散漫


欲求と文章と散漫









今現在、非常に空腹&タバコ切れにてこの文章を書いておりますが、どうにも頭の中が散漫になりすぎて、何度もやり直しをせまられております。


その散漫というのも、欲求に文章が囚われてしまうような形で、思い浮かんだ文章が次々と、「お腹すいた」「タバコ吸いたい」に変換されてしまうものなのです。


そこでふと疑問に思ったのですが、


こういった極貧状態(欲求不満)における文章というのは、洗練されたものになるのでしょうか?
あるいは、裕福な状態(欲求充足)における文章というのは、余裕があるものになるのでしょうか?


実際問題、裕福になったためしがありませんので、後者の方は経験ないのですが、前者はいかにも体験済みな案件です。


2016年9月19日月曜日

電子書籍の音声読み上げシステム


電子書籍の音声読み上げシステム



「engadget」さまの記事へ




一部引用


 iPhoneは画面に表示されたテキストを読み上げる「スピーチ」という機能が備えられています。
 目が疲れていて長文のメールやウェブページを読みたくないときなど、耳から情報を得たいときに活用すると便利な機能です。
 そして、この機能は電子書籍アプリでも利用可能。
 例えば、アマゾンの「Kindle」の本を読み上げさせれば、電子書籍が疑似的な"オーディオブック"に早変わりします。


2016年9月18日日曜日

顕現したる休憩


タイトルは関係ないですよ、と。







今月の休憩ネタは、「小説朗読」について。




芥川龍之介さんと太宰治さんの小説朗読動画がたっぷりございましたので、こちらで紹介。


ていうか、動画内の漢字が色々間違っていますが(意図的なのかな?)、朗読自体はしっかりしているようですので、ご安心下さい。


「テレビは見飽きた」なんて思っている方は特に必聴ですよ。
想像力がかきたてられますので、普段とは違った時間になるはずです。


ということで、早速ですが朗読タイム。


2016年9月16日金曜日

月イチ宣伝日にて失礼します。


月イチ宣伝日にて失礼します。







日本独立作家同盟様主催の電子書籍「月刊群雛3月号(2014年)」に、
私こと「網葉きよら」の短編、

「ありったけのマーマレード」

のご掲載を頂いております。


こちらの月刊誌は、様々なインディー作家が集結し、色とりどりな作品を発表している、かなり珍しい電子書籍となっております。


気になる販売サイト情報ですが、日本独立作家同盟様のご尽力により、様々な電子書籍サイトにてお取り扱い致しております。


日本独立作家同盟様「月刊群雛 刊行リスト」へ


2016年9月15日木曜日

AMAZON読み放題に関するニュース


AMAZON読み放題に関するニュース



「YAHOOニュース」さまの記事へ





一部引用



 アマゾンの読み放題サービス・Kindle Unlimitedにはいくつかの支払いルールがある。
 一つは、このメルマガも含め、セルフパブリッシング系の書籍が適応されている「KENP」という指標に基づく支払いだ。
 KENPとは、書籍の内容をある基準に応じてページ単位に換算したもので、読者がKindle Unlimitedから本をダウンロードして読むと、読んだページの分がKENPに換算される。
 アマゾンには利用者からの収益をベースにした「KDPセレクト基金」というものがあり、これを読まれたKENPの分(KENPCという)だけ、権利者に分配する仕組みになっている。
 元の本の価格とは関係がない。だから、どんな本でも読まれたページ分しか入ってこない。


2016年9月14日水曜日

仮初めの人生


仮初めの人生









シェイクスピアの言葉で、
「この世は舞台。男も女も役者にすぎない」
という表現がございます。



また、三島由紀夫氏が著書にて述べておられたように、
この世が舞台で、それぞれが役者を演じているとするなら、すべてが上手くいく。
なぜなら、役者なんだからハプニングも既知であり、対処もまた役どころであり、そして、役者どうしは知っている人間であるのだから、犯罪が起こりようもない、
と。


このように考えるなら、人生もきっと面白いことになりそうです。
しかも、自分で脚本演出出来るのですから、難儀ではあるでしょうけどやりがいはあるはずです。


しかし、別の問題も浮上してまります。
役者を演じるということは、自身から離れた目線を持ち続け、さらには、舞台という客観性をも内包しなければならないのです。



2016年9月12日月曜日

中編小説「Dusk Mask」 無料で公開中です!


中編小説「Dusk Mask」 無料で公開中。





網葉きよらの中編小説「Dusk Maskが、
BiB/iさん(縦書き仕様、拡大可能、ふりがな付にて閲覧出来るようになっております。


PCでご覧の方は、ブラウザ「chrome,safari」対象となります。
スマホでご利用の方もお読み頂けます(全機種は確認しておりません)。


本編丸々掲載しておりますので、この機会にぜひどうぞ!



2016年9月11日日曜日

カープ優勝おめでとう!


カープ優勝おめでとう!





いやあ、20数年待ったかいがありますわ(生粋)!


特に暗黒時代は大変でした。
が、選手という希望は捨てずに、辛抱強く見守っておりました。


時に批判することもありましたが、というか、負けが込むと批判しか浮かばなかったりしたんですが、ここ最近は良い思いばかりです。


今は、黒田選手が言っていた、
「カープファンにいい思いをしてほしい」
という気持ちを、如実に体験させて頂いております!



とか言いながらも、野球はまだまだ続いていきますし、私が死んだ後も当然そうでしょう。
脈々と繋がっていくスポーツ、って素晴らしいですな。



ということで、
今日はこれまでと。
余韻がまだ残っているもので、あしからず。





人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村

2016年9月10日土曜日

「幻冬舎の本」がセール中みたいっす。


「幻冬舎の本」がセール中みたいっす。



「コミックナタリー」さまの記事へ




一部引用

 幻冬舎コミックスは本日9月9日から11日までを「幻冬舎コミックスの日」と銘打ち、同社から電子書籍として刊行されているマンガや小説を50%オフで販売する。

フェア開催書店
Amazon Kindleストア、BOOK☆WALKER、BookLive!、honto、コミックシーモア、楽天Kobo、eBookJapan、ブックパス、Reader Store、マンガボックス、読書のお時間です ほか


2016年9月7日水曜日

ループもの、について。


ループもの、について。








ループする系の作品は良いですねえ。
非常に私好みです。



何が良いって、ループしながらも主人公が努力し、その努力による結果が出るという点。
さらには、輪廻から脱却するがごとく、仏教的側面を持ち合わせている点が素晴らしいです。


2016年9月5日月曜日

電子書籍関連の最新アンケート結果、だそうですよ。


電子書籍関連の最新アンケート結果、だそうですよ。



「PR TIMES」様の記事へジャンプ




一部引用


 電子書籍の認知状況、利用状況を聞いたところ、電子書籍の認知率は97%に上ることがわかりました。
 また、利用したことのある人は41%でした。
 年代別にみると、10代・20代は54%、30代は56%と30代以下では半数以上に利用経験があるのに対し、40代は40%、50代は33%、60代は23%と年代があがるについて利用経験率が下がりました。

 それでは、8月にAmazon.co.jpや楽天株式会社がサービス提供を開始して話題となった「電子書籍読み放題サービス」についてはどうでしょうか。
「電子書籍」認知者に聞いたところ、51%がなんらかの「電子書籍読み放題サービス」を知っていましたが、利用経験者はわずか9%でした。一方で、利用未経験者の25%が「利用してみたい」と回答。
 4人に1人は関心を持っていることがわかりました。