過去記事ランダム

2016年2月29日月曜日

糖分と物書き


糖分と物書き






糖分はいいですねえ、糖分。


やっぱり甘いもの、ですよ。


人間に必要なのは糖分。


これ絶対。



2016年2月27日土曜日

楽天kobo、事業計画に遅れが発生。


楽天kobo、事業計画に遅れが発生。



「ITmedia」さまの記事へ





一部引用


 楽天は2月12日、関係会社株式評価損623億円を個別決算に計上したと発表した。
 電子書籍子会社Rakuten Koboなどが含まれるという。
 Kobo関連では、連結ではのれんの減損として78億円の減損損失を計上。
 Koboは2011年に買収し、電子書籍ストアや端末を展開しているが、「世界の電子書籍市場の立ち上がりが当初の想定よりも遅れ、それに伴う事業計画の遅れが要因」という。
 また仏PRICEMINISTER株式172億円分なども含め、連結では381億円を減損損失といて計上した。


2016年2月26日金曜日

「あのリメイクはどうなったの?」的な映画のお話です。


「あのリメイクはどうなったの?」的な映画のお話です。


画像は「ネバーエンディング・ストーリー」リメイク、イメージ図





以前、ニュース等で話題になっていた名作映画のリメイク予定。


しかし以下の映画は、初動の報道以降、情報がまったく届かない状態となってしまっています。


そんな「どん詰まりリメイク映画」を、とりあえず集めてみました。


個人的なマトメも兼ねてということで、どうぞ。



2016年2月25日木曜日

短編小説「ありったけのマーマレード」発売中です。


網葉きよらの短編小説。







日本独立作家同盟様主催の電子書籍「月刊群雛3月号(2014年)」に、
私こと「網葉きよら」の短編、

「ありったけのマーマレード」

のご掲載を頂いております。


こちらの月刊誌は、様々なインディー作家が集結し、色とりどりな作品を発表している、かなり珍しい電子書籍となっております。


気になる販売サイト情報ですが、日本独立作家同盟様のご尽力により、様々な電子書籍サイトにてお取り扱い致しております。


日本独立作家同盟様「月刊群雛 刊行リスト」へ


2016年2月23日火曜日

小説における中盤の構築


小説における中盤の構築








タイトルのとおりですが、これが一番重要であり、もっとも頭を悩ませる部分になります。


密度の濃い中盤にするのか、あるいは終盤のために「タメ」を作るのか、謎解きを入れるのか、
などなど、執筆側の腕が問われるのが、ここです。


これは、「その人のセンスが問われる」とも言えますし、逆に定義すれば「作者側でいかようにも出来る部分」とも表現出来ます。


また、密度にせよタメにせよ、中盤の持っていき方により終盤が決まってしまうこともあります。


例を出せば、
「ラストは階段から落ちる」と最初から想定していたが、中盤が盛り上がり過ぎたために、「階段落ち」では弱く、ラストにふさわしくない。
ゆえに、「崖から落ちる」へと変更した。





などといった感じで、中盤の展開、書き方によってその後が決定づけられるのです。


もっとも、これは私だけなのかもしれませんが、少なくとも「私は」、中盤が鬼門となっております。


2016年2月22日月曜日

めくれるスマホ、ついに発売?


めくれるスマホ、ついに発売?



「engadget」さまの記事へ



一部引用

 カナダのクイーンズ大学が、曲げて操作するスマートフォンの試作デモ機 Reflex を発表しました。
 フレキシブルな OLED スクリーンを備えており、画面の反らせ具合によって入力操作ができます。
 また入力に対応した触覚フィードバックを返すため、画面を見ずとも正しく入力できたことが判断できます。
 クイーンズ大学ヒューマンメディアラボの Roel Vertegaal は「このスマートフォンは全く新しい物理的操作性を備えます」と説明します。
 たとえばデモ用の書籍アプリでは、画面部分が山になるように反らせれば右に、谷になるように曲げれば左にページをめくれます。強く曲げれば、本物の本のようにページを早くめくることも可能。
 また操作中は音と微振動で指先にページをめくっていることを知らせます。


2016年2月21日日曜日

執筆執筆タバコ執筆


執筆執筆タバコ執筆






権藤権藤雨権藤、じゃないですけど、私はタバコがなければ小説が書けません(非喫煙者の方、すみません)。


いざタバコを切らそうものなら、たちまちイラツキなる辛辣なものが脳内を席巻せしめ、あれよあれよという間に、真っ白な原稿が出来上がる始末。


本当、非喫煙者の方々には申し訳ないのですが、ようは中毒ですから、これも仕方がないのです。


もちろん、糖分を取ったり、立って休憩したり等々はするのですが、やはりそこには「タバコ」がなければ、真なる休憩とは言えません。


ですから、執筆する際は出来るだけタバコを用意し、原稿へ挑むような形になっています。


簡単にいえば、戦争するのに弾薬が必要なように、私にとっての弾薬が「タバコ」というわけです。



2016年2月19日金曜日

創造と破壊。


小説と創造と破壊。








最近、弱スランプのようで、短編小説を作っては捨て、作っては捨ての状況が続いております。


まあ、それだけ「小説にこだわりを持つようになった」とも言えるかもしれませんが、少々面倒なトコに嵌っているのは事実。


さらには、「結局、一番初めに書いたものの方が出来良かったじゃん」と、捨て去った過去作を懐かしみ、そして自分を憐れむ始末。



2016年2月18日木曜日

鋼鉄の休憩


Japanese Band 「Phantom Excaliver」







今月の休憩ネタは、日本のメタルバンド「Phantom Excaliver」さんの紹介です。


彼らは、2012年結成のピュアメタルバンドで、ハイトーンヴォーカルデスヴォーカルを要し、非常に素晴らしい音色を奏でる、とても稀有な存在です。


ホームページへ


音楽を聴いて頂ければ、どこがピュアなのか、素晴らしい音なのか、稀有なのかが理解出来るかと思いますので、まずはPVをどうぞ!




Phantom Excaliver 鋼鉄の誓い>


2016年2月17日水曜日

網葉きよら投稿小説 人気ランキング 第2回


ブログ投稿小説 人気ランキング 第2回





数か月ぶりの小説ランキングになります。


なお、表示しているPV数は凡その数字となり、「各話のトップ数」を抜き出したものとなります。
ご了承下さい。


また、記事中の画像をクリックして頂くと各小説に飛びますので、よろしくお願い致します。






第10位
PV数 320

「裏庭の、とある神社の裏側で。(序盤公開 第2部)」



「第2部」へ移動



2016年2月15日月曜日

「電子書籍が嫌われる理由」 たまにはこういうのも。


「電子書籍が嫌われる理由」 たまにはこういうのも。


CNET JAPANさまの記事へジャンプ




記事一部引用


「電子書籍『なんか』読まない」と公言する方が、まず持ちだすのが、「読みにくいから」という理由です。 
「読みにくい」といってもいろいろありますが、まずは、「画面がギラギラして見にくい」。特に年長の方から聞く意見です。つまり、「電子書籍を読むと疲れる、あるいは疲れそう」「目に悪そう」という不満ですね。
 ここでいう「画面」というのは、スマートフォンやタブレット、PCの「液晶画面(LCD)」のことだと思います。確かに、紙と比べてしまうと、常時バックライトが点灯している液晶ディスプレイは、いかにも目の健康に悪そうです。
ーー中略ーー 
 あと、液晶と比べた決定的な弱点は、表示・反応速度が少し遅いこと。タッチ操作に一瞬遅れて画面が切り替わったりするので、マンガなど、ページ送りを頻繁にするようなコンテンツには向いていないといえます。
 ただし、文芸、評論など、文字ものを読むときは、この「鈍重」さが逆に功を奏する感じもあります。スマートフォンなどと違って、SNSやゲームなどができないのも美点です。


2016年2月14日日曜日

田中せいやさんの小説「いんぐりっちゅ」、発売中です!


田中せいやさんの小説「いんぐりっちゅ」、発売中です!


「BCCKS」該当ページへ

BCCKSでは配本先リンクも




目次抜粋


1E.Water Absorbency Symptom/1J.吸水症
2E.Custom/2J.慣習
3E.A Guy Doing a Handstand/3J.逆立ち男
4E.Supernatural Power/4J.超能力っす
5E.Sounds of Time/5J.刻音
6E.Company Orders/6J.社命
7E.Yumetaro/7J.ゆめ太郎


和文、英文の小説、計7話を収録。



2016年2月13日土曜日

短編小説立ち読みコーナーを変更


右枠にある「網葉きよら短編丸々立ち読みコーナー」を変更しました。








端編集1」に収録しております「春を思う期節」から、
「プラスチックムーン」に変更致しました。


なお、期間限定での公開となりますので、留意下さい。
※推奨ブラウザはChrome,Safariになります。



2016年2月11日木曜日

「ミラージュマン」 映画のお話です。


「ミラージュマン」 映画のお話です。








今回は、現在「GYAO」さまにて無料で公開されている映画の紹介です。


また、すぐにでも観られるということで、簡単な説明のみとさせて頂きますね。





ストーリー概要





両親を殺され弟が自閉症となってしまった男。


彼は、あの事件のトラウマゆえか、常に身体を鍛えていた。


しかし、弟の自閉症が治る気配はなく、兄弟ともども辛い日々を送っていた。


そんなある日、強盗と鉢合わせしてしまう主人公。
咄嗟にマスクを被り、強盗を見事ノックダウン


その様子がテレビで放映され、「ミラージュマン(幻影男)」と名付けられる。


すると、そのテレビを見ていた弟が、ミラージュマンに対する絵や思いを寄せるようになる。


「もしかすると、自分がミラージュマンとして活躍すればするほど、弟の自閉症が治るのでは」


と感じた主人公は、お手製のミラージュマンセットを被り、町に巣くう悪を倒すため、奔走するのだった。



2016年2月9日火曜日

ちょっと愚痴


されど愚痴






いやあ、にしても停電でパソコン壊れるとは思いも知らずってやつです。


が、よくよく検索してみると、結構あることみたいですね。
こちらも知りませんでした。



2016年2月8日月曜日

パソコンがぶっ壊れた!


新しいパソコン買いました(中古)



お久しぶりです。

以下、経緯。



俺の部屋だけ停電になる。



電力会社へ電話。



電柱にあるヒューズが切れたとのこと。



ヒューズが交換される。



電力復旧。



しかしパソコン点かず。



どうやっても点かず。



修理に出すか悩む。



オークションにて中古のパソコン購入。



現在に至る。




ということで、停電と同時に壊れたわけですが、電源まわりがイカレタのですかね。
よく分かりませんが、とりあえずGoogleにある程度保存しておいたので、ブログ等々はなんとかなりそうです。


まだまだ移行に時間が掛かりそうですが、ブログのほうは明日くらいから更新出来ればなと思っております。


それでは、また!
あと、停電とかマジ勘弁!





人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村