過去記事ランダム

2017年2月4日土曜日

最近の電子書籍事情


最近の電子書籍事情



「日本経済新聞」さまのサイトへ



一部引用


 世界のコンテンツ市場において最も規模が大きいのは、今なお活字メディアだ。
 なかでも成長が見込まれるのが電子書籍。この4年間で世界の市場は急拡大し、とりわけ新興国の伸びが著しい。
 発展途上国でも通信網の普及とともに身近になり、紙よりも携帯端末の画面で「本」を読む日常が広がりつつある。
 読書の未来の姿をデータで探る。



感想




日本経済新聞さまのサイトにて、現在の電子書籍事情を「見やすい視覚化」として掲載されています。


さまざまなデータを視覚化(絵など)しており、誰が見ても一発で分かるようになっています。



画像は「日本経済新聞」さまより


もちろん、文字だけのデータやグラフなんていうのも役に立つものですが、
こうやって分かりやすい視覚化を行うことで、細かいデータに興味のない方でも簡単に理解出来るようにしているあたり、流石だなと思います。



画像は「日本経済新聞」さまより


ここでその視覚化を持ち出してあーだこーだと言うよりは、実際に閲覧されるほうが良いかと思いますので、お暇な方はぜひどうぞ!


本当に分かりやすい仕様になっていますよ!





人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

    

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...